昨日・・・。


昨日は、まったく歯車がうまく回らなくなってしまったような日だった。

そもそも私が疲れていたのが悪かったのだけれど、つまりは素直に少し休んでいればよかったのだけれど、ちょっと相談したのが運の尽き、その日一日、「あんたが悪い!」と言われ続けているような日になってしまった。そんなこと、人間誰でもあるやろー、ということについてのご指摘やら正論やらを聞かされる羽目になり、結局、逆に、相談したことから落ち込んで、そこから立て直すエネルギーが必要になってしまった。こんな時期に、誰かに相談しようとしたこと自体、教師失格である。反省。そうして、普段なら自習時間として生徒との質問などに対応できる時間にまで大学受験指導が入っていて、中三生にプリントを用意してあげるときの雰囲気まで殺気立っていたようで、悪いことしたなあ、と謝っておいた。

あー、そういう時期なんだなあ、と思う。

みんなが自分の受験や進路のこと、それにまつわる勉強のことで精一杯。できることなら優しくしてもらいたい。そんな何があってもドーンとしてほしい相手が不調だったら、それは困るだろう。だから、私は自分のメンテに気を付けてはいる。

だからこそいつも思うのだ。

自分が大変なときに、できるだけわがままも言わず、周りに迷惑もかけず、精神的に凛としている人の偉大さを。

かつて、夫婦の両方が、もうこれ以上抱えることはできません!状態のことがあった。両親と離れている自分にとって、誰も頼りにできる人はいない。小さな子供たちを抱えて、夫は数日泊まり込み。同じ建物の中で引っ越しがあって、ほかの人たちは、ご夫婦で、頑張っていらっしゃるのに、我が家は、私一人。ほかの奥さんの愚痴まで聞いていたっけ。

たまに着替えを取りに帰ってきても「、「大変やね。」とは言われるどころか、仕事の大変さを聞いていた。

なんだか思い出してしまった。

ついでにバトンの発表会も重なって、コスチュームを完成させなければならず・・・。息子が近くの公園に脱走する事件もあった。

そんなプライベートのこととは違う。

私は教室の代表。私が皆様の精神的サポートをする立場ではある。

それでも、先生がお忙しいときに、すみません、なんて一言言ってくださったり、面談は、別の時間にさせていただくつもりでいるのに、先生のお時間をとるのは申し訳ないから、とご自分のお子様の最後の5分くらいに入ってこられて、話していかれる方もいらっしゃる。

つくづく立派だなあ、と感心させられる。すみません。

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic