Blog         

Search By Tags

March 29, 2020

 最近、ちょっと嬉しい話が続いている。

 卒業生が、よく来てくれて、進路についての報告をしてくれたり、保護者の方からのご挨拶があったり、素敵な合格の話があったり、開校してからのみんなへの想いが、たくさんたくさん返ってきているような、なんだか素敵な春だと思う。

 チェリー・ブロッサムは、まだ今度の6月でやっと6年。最初の頃の、新鮮な出来事が楽しく思い出される。でも、最近、ときが経って、ひよっこのチェリー・ブロッサムではなくなってきたような気がしている。

 私の想いが通じやすくなってきているし、早くから来てくれた生徒さんが、本当に成長してくれ...

March 24, 2020

昨日、富山県立高校の二次合格発表がありました。

内申がかなり危なかった〇くんに、二次で○○高校を受験をお勧めしたまでは良かったのですが、合格発表の日は、新高1春期講習の日。

当然、チェリーの場合、合格者の仲間と、大学生になる、〇君が慕っていた先輩と、五人で出かけ、〇君は、さっさと同じ中学のお友達を見つけ、私たちとは他人のフリ。

私を見て、高校の先生が、「中学校関係者はこちらに・・・。」

私が、ちょっと表情を変えると、「保護者の方はあちらへ・・・。」とのことで、またまた教員に間違えらえた、と言って憮然とする私。

〇君が、「ありました!」と言うや...

March 22, 2020

今日、二人の大学受験生が、アルバイトとして、戻ってきてくれることになりました。

今年は、大学受験も、高校受験も、偏差値、実績、という側面だけではなくて、私の教育活動として、ここまで引っ張ってきた、という充実感がありました。決して結果だけではない内容があったような気がして、本来のチェリー・ブロッサムの教育の戻ってきている気がしているのです。かと言って、表現してしまえば、実績だって、なかなかのものですが、それはもう少し先にすることにしたいと思います。

今日から、元からいた学生さんに加えて、二人の新大学生がスタッフに入ります。

朝から、Aさん、...

March 20, 2020

 話題のお父様が下さったマスコット・・・。

どうして私がこういうものが好きだということがわかるのかしらん?

何気にこの人?他人だと思えない・・・。

むかし、ひよこに似ている、と言われていた私としては、色は違うけど、どうも他人のような気がしない・・・。

それにかてて加えて、私の顔を見れば、「おかん、おかん・・・。」という言葉を連発され、複雑な思いをさせられる偉大な?方がいらっしゃる・・・。別に呼ばれているのではなくて、私という人間の教室内での定義なのだけれど。

その昔、体型はともかくとして、シャープに大学受験に取り組んでいると思っていたし、大学...

March 20, 2020

泣いたり喜んだり大騒ぎの合格発表はまだ少し続いていますが、そこは櫻井のおかしなところ・・・。

どこでスイッチ切り替えているようで・・・。

もうとっくに次年度の大学受験指導も、新中三対策も始まっていて、しかも、新高一春期講習が、いよいよ始まります!

この、春期講習を楽しみにしている様子なのが、とても面白い・・・。

どうして鬼のようなシゴキが待っているとは予想できないのでしょうか・・・?(笑)

先日からは新中三の個別指導・・・。

徹底的に国語と英語を教えています。

新高1生には、とにかく、入学したときに、そこそこついていけるように、特に、古典文法は完...

March 16, 2020

今日、富山県立入試の合格発表があった。

お向かいの高岡工芸高校を今年は二人受験した。

不公平になるだろうか?と行くのをためらっていると、車を置かせてくださーい、とTさん親子が来られた。一緒に行きませんか?とお母さまに言っていただいて、私も一緒に行った。

教室に入ってこられた時には、もう、私が心配でウルウルになっていた。

お母さまが、もらい泣きされる、というおかしな現象。

見に行った。

合格だった。二人とも。

ここが富山県を愛するところなのだけれど、誰かが大喜びしたりしない。

ある男子のグループがいた。

その中に、一人のちょっとふっくらした人柄のよさそ...

March 5, 2020

 毎年この日は、ちょっとどう過ごすか、はっきりしない日です。

いつも目の前で勉強している生徒はいないし(これはウソです。目の前で、勉強している子はいます。ちょっと誇張してみただけ・・・。要するに、中三生がいない、ということです。)、落ち着かないし、思いついたことを少しずつ静かに進めていきます。あんまり頑張りすぎて、生徒たちにエネルギーが行かなくなってはいけないから・・・。

今日も午後から中三生の指導をします。

もちろん、直前特講でもありますが、それよりなにより、一日目の今日の教科で、あんまりうまく行かなかった、ということがあっても、立ち直...

March 3, 2020

人生には 今回の受験期のコロナウイルス発生のように、というか、もしかしたらもっとひどく理不尽で、不測の事態に直面することがある。

なんで?この時期?と正直思う。

自分だけではなく、たくさんの人に関わる事ならば、それなりに納得もできるかもしれない。

けれど。本当に自分だけ、なんでこういうことに見舞われるのか?と言いたくなるような事件に巻き込まれることもある。

事柄の場合もある、誰かの感情に絡んでもこともある。

自分だって自分の感情をしっかりわかっているわけではないから、人の感情なんて、わかるはずなんてない。

その立場になったら、仕方がないかもなあ...

March 2, 2020

コロナウイルスはもとより、なんだか落ち着かない受験期になってしまっています。

通常でない卒業式、普通の環境下ではない受験・・・。

今年は特別な年になりそうです。

昨日、教室のお迎えの高岡工芸高校での卒業式をご覧になっていた年配の方に話しかけられました。

いろいろ考えさせられました。

ずっとずっと心に焼き付いた受験期になるだろうな、と。

昨日ずっと考えていました。

教室をどうすれば、生徒さんのためになるだろうか・・・?

あるお父様のお電話で、私の心は決まりました。

みんなで作っているチェリーです。

February 26, 2020

仕事に関しては、ちょっとうるさいタイプかもしれないな・・・。

かつて勤めた学校で、私は学校勤務だったけれど、寮生活をさせられていたから、本当の管理者は校長先生ではありながら、寮長先生が、ほかの寮係さんを女性として躾けてくださるのと同じようにわたしにもいろいろ教えてくださった。

その中で、一番心に残っている言葉は、『小さいことができない人に大きなことは回ってこない。』だった。

例えば、コピーを一枚とること、お客様にお茶を入れてお出しすること。

寮長先生のところには、大切なお客様が来られて、ある筋の大家、みたいな、ああ、あの先生、というようなか...

Please reload

  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic

March 29, 2020

March 22, 2020

March 16, 2020

February 26, 2020

Please reload

Recent Posts
Follow Us
Featured Posts

ご挨拶

March 29, 2020

1/10
Please reload