ちょっとした余裕


仕事をしていても、勉強していても、カンカンになることはある。

だって、必死になるから。

誰だって、結果に向かって進んでいるから。

そんな時、ちょっと、今の事態を客観視する目を盛ると、ハハッと笑えることがある。

この必死な状態を人が見たら面白くないかな・・・、と思うとおかしい。


ある時、図書館で勉強していて、私は勉強の内容のあまりのおもしろさにときどき、わかった!とまるで指パッチンをするかのように手を動かした。

そしたら、周りがだんだんいなくなる、というような迷惑さで、でも、とてもしあわせだった。

けども、自分の姿を周りが見ていたとしたら、私は相当滑稽な大人であっただろう。

付属の勉強好きそうな中学生は、おもしろそうにしていたけれど。


自分の姿をちょっと客観視してみる。


結構笑えるかもしれない。

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic