そうだった!もうすぐ彼の誕生日!


9月になりましたね!

9月には私の大事な人たちのお誕生日があります。

大好きな父方の祖父もおとめ座でしたが、実家の母と息子はお揃えで私ととっても相性のいいおとめ座A型です。

あまりほかの占いは信じないのですが、西洋占星術だけはちょっと信じています。

まあ、性格的に、かな。

先生筋には圧倒的にみずがめ座が多く、影響を受けた方もたくさんいらっしゃいます。

皆さん本当に知的な方々でした。

クールに見えて、まあ、周りの人にとってはそうなんだけれど、私にとってはとても温かくて優しい人が多かったのです。

みずがめ座の良いところは私が知ってる、みたいな話ですが、実は、娘が生まれるまでは、「相性が悪い」と信じて疑いませんでした。だから、きっと私には表面的にいい顔していても、もしかしたら本当は相性悪いのではないか?などと疑いを掛けていたのに、その疑いを払しょくしてくれたのは、娘でした。

私は娘が大好きです。

私がもっていないものをたくさんもっています。

彼女の小さい頃は、本当に女の子らしくて、可愛くて、あれこれ二人の時代を楽しみました。

娘が一番喜んだのではないか?と思われる、息子の誕生。弟ができてそれはそれは嬉しそうでした。

息子はおとめ座A型。

彼といると、なんだか落ち着くのです。

ホッとするのです。

何もかも呑んでくれそうな包容力。実際に呑ませてしまったら、それは親として大きな罪にもなるでしょうけれど。

面子が揃った!と思わせられた彼の誕生・・・。

親はいつまでたっても親で、いくつになっても心配します。

ただ生まれたときと、しあわせであることを祈っていることは同じです。

お友達と仲良くしてほしい。

寂しい想いをさせたくない・・・。

本当は孤独からも寂しい想いからもたくさん学べることはあるし、むしろ順風満帆な人生よりも学べることが多いはずなのに、それでも、我が子に苦労をさせたくない、と思ってしまいます。

若いうちの苦労は買ってでもしなさい、と思おうとしても、できるだけ安穏に生きさせてやりたい・・・。

親というのは因果なものです。

いつまでたっても心配の種は尽きないものですね!

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic