ニヤニヤ笑う女子生徒―数学にハマる私💛


飲み物を買いに行ってきます!と言って、教室を出て行った女子生徒が帰るなり、私の顔を見て、ニヤニヤしている。

「○大数学・・・。(笑)」と言っている。

「なんで、数学やってるってわかったん・・・?」と訊くと、

「だって、顔が・・・。」という話。

要するに、私が、楽しそうだというわけね!

彼女曰はく・・・。

「これは正しいのかなあ・・・。ふふふ。」

というわけである。

なにせ、チェリーは、「国語のチェリー」なのに。

それが可笑しいらしい。

そうそう、それそれ、ここの大学、発想が必要。

だから、私でもある意味できる。

みんなはコツコツ公式を積み上げているけど、わかれば、「なんやねん!」というように、あっと言う間に解けてしまうような問題が多い。

ひどいときには、要するに三平方やんか!?と笑いだしてしまう始末。

それを、目の前で受験生に解かせて、私はのけぞって、もう、私解けたも~ん!と余裕を見せているのである。

その様子を見て、「先生は国語の先生のはずですよね?」とおかしそうな目を向けているのが女子生徒である。

数学、って楽しい。面白い。

それに、絶対、国語と親戚なはずである。

めちゃくちゃ相性いいと思う。

ときどき、これって、国語やん!と目を輝かせて喜びの声を上げてしまうワタシ・・・。(笑)

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic