なんだか毎日面談してる・・・。


ここのところ、確かに面談が多くなっている。

新しい生徒さんの面談がなんだか多いし、当然新たな局面を見出すわけで、自分の中で、あれこれ検討する時間が長くなる。

面談の後にはスケジュール管理があるわけで、志望校の見直しと、受講科目の選択のし直し、時間管理などがある。

揃えるべき本も揃え、本屋さんに言ってる暇などなく、当然アマゾン頼りになる。

宅配便の方々が来られるのが多い季節でもある。

まさか冬眠でもないだろうに、この時期、私はあれこれ準備をする。

食材を頼み、夏期講習の間に必要な日用品を注文し、自分のことはだいたい準備しておく・・・。

とても自分の生活に目を向けている暇などないから・・・。

とにかくダレないように、せめて衣服だけは調えるようにしている。

メリハリが大事である。

生徒さんの指導には微調整の連続になるから、テキスト発注の後は、それぞれに微調整をすることになる。

テストの教材を作ったり、弱点補強のプリントを作成したり、微調整の連続である。

過去に作ったものを流用などと言うことは、チェリーではありえない。

その年の生徒さんに合わせて、テストをササッと作成する。

教材も、当然、一つに絞らない。

これがだめなら、あれを使ってみよう!

などと、しょっちゅう投げ入れ教材を使う。

面談、となると、それまでの気分と全く変わる。

まるでスイッチが入るようである。

指導に入るときも、スイッチが入る。

面談のときとは違うスイッチ。

指導のときには教科に目が行っているのに、面談になると、当然人間に目が行っている。

その生徒さんの本当に気持ちはどこにあるのか・・・。

そこを見極めるのが、私たちのまず最初の仕事である。

自分の仕事を全うするのに、どれだけの人の助けをいただいているかということを考えると、本当にありがたいなあ、と思う。

ついつい指導に集中してしまいがちだから・・・。

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic