数学への想い


昔、数学が好きだった。

小学校二年生で、国語の先生に、母は、私を将来、文学の方面に進ませるべきだと忠告されたとかで、なぜか進路は国文になるだろうと思っていた。

いや、時代の趨勢かもしれないけど・・・。

そりゃあ、国語より、数学って、一見潔く、すっぱりと答えが出る分、すっきりする科目ではある。

第一、国語なんて、やらなくても、授業中に先生の話を聴いて、ちょっと考えさえすれば、そうして、そんな楽しい時間を過ごせば、何となく点数が取れてしまった。

それに比べれば、数学は、解かなければ点数にならない。

要するに努力を要する教科なので、好きなのだ。

何にもしないでできる教科のありがたみなんてない。

部活と同じで、努力して得られたものが尊いのだ。

だから、今でも、生徒さんに、難しい数学を共に解く機会を得られると、私は嬉しくなる。

明日は、数Ⅲを一緒に解く。それこそ一日掛けて。

なんとも楽しみにしている自分がいる。

それも大好きな複素数平面である。

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic