取り越し苦労して笑われる私・・・。


 いつものことだけれど。何か、あれ?ということがあると、ありとあらゆる可能性を考えだし、あれこれ心配してしまうところがある。決して曲解する方ではないと思うけれど・・・。

 今年大学生になった、ある仲良しだった、国文科に進んだ生徒さんに言われた。「先生は、曲解しないから・・・。」と。だから、割とまっすぐ物事を見ているとは思うけれど、それでも、寝不足が続いたりすると、いい方向に考えられなくなって、心配してしまうことがある。

 特に生徒さんの状態に対して、あるいは、受験に対する姿勢に対しては、結構分間に反応してしまう。今日も一つ・・・。

 ある生徒の様子がおかしいと思っていたら、何のことはない、一緒に来ている弟さんの態度にイライラしていたのだということだった。

 よく、実家の母に、たしかに考えすぎ、とよく言われる。考えすぎの傾向あるよね、と。それから、どちらかと言うと、ある意味石橋をたたいて渡るタイプかもしれない。ときに、いったいどこからそんな勇気が出てくるのか?と言うほどの蛮勇を発揮するくせに・・・。

 いつも、先手を打ってきた。

 ○○になったら、こう、○○になったら、○○になるかもしれない・・・。そうして意外に頼りになるのが直感。直感で、感じたことが、論理的に構成されたとき、それは割と強いなあ、と思っている。

 直感にも割と従う方だと思う。けど、直感の通りに行かなくても、その直感が正しければ、意外に遠回りしても、やはり直感に従った方向に動くから不思議である。

 でも、ときに、予期していたのよりも、ずっと楽しいことが起こることもある。

 人生って、先がわからないところを、自分で決めて歩いて、まるで道を作っていくように、進んでいくから面白いのだと思う。

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic