音楽と文学

April 13, 2019

 

もう少し若い頃、自分から文学と音楽、どちらを取ったら辛いか?ということを考えたことがある。

それから、死ぬまで、あと一日しかない、などということが分かった場合、何をして一日を過ごしたいか?などと問うてみたことがある。

 

音楽は、所詮、そうそう専門的にできる分野ではなかったし、でもどこかで変に真面目に、専門的にはできなかった、という想いがあった。

音大受ける?みたいな話もあったにはあったけれど、一度たりとも本気で考えたことなどなかった。

 

実際のところ、楽器やGDや演奏会に行く、などと言うことがなくても生きてはいけるかもしれない。

ひとときとはいえ、自分のピアノと離れて暮らしたこともある。

けれど、本がなかったら、空気が吸えないみたいになるだろうな、と思う。

池の鯉が、水面に、口を開けて空気を吸いにパクパクしているのを思い出してしまう・・・。

 

ある方との会話の中で、水面(みなも)というのは、英語でなんて言うのだろう?という話になり、調べたのだけれど、あっさり、the surface of water で、アホらしくなった。

なんと日本語の美しいことよ!

水面(みなも)は、明らかに水面(すいめん)とは違う・・・。

 

最近、なんだか、固い教育論ばっかり書いているようで、ちょっと自分でも退屈している・・・。

生活に潤いがないではないか!

 

ということで、来週は楽しいこともあるので、頑張りたいと思います。

明日も指導はありますが・・・。

ちょっとやわやわ新学期、始めたいと思います。

と言いつつ、今日も鬼のようにしごいた面もありますが・・・。英語。

Please reload

Featured Posts
Recent Posts
Please reload

Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic