怒鳴りつけた私。

October 28, 2018

 

昨日、中三男子が、およそ受験生らしくない行動をしたので、厳命した。

 

明日から、できるだけ自習に来るように。

今後、受験まで、遊びで外出するようなことがあったら、退塾してもらいます!

明日までに、この4ページの計算をしっかりマスターしてきなさい!

 

お母さまとも連携を取って、もうこれ以上は、本人の意志、だとか、気持ち、だとか言ってられない、と思い、もう、ここは指導を入れさせていただきます!いうことで、ドスを利かせて?怒鳴りつけた。

 

今、二階で、自習している中三生。

本人の意向を、最大限尊重するつもりではあるが、もう、この時期にきて、そんなこと言ってられない、という時期を毎年迎えるが、中三生は、もう、そろそろ。

 

およそ怖そうに見えない私は、鬼の櫻井に変身する。

 

でも、そこで、先輩たちの、ステキな合いの手が入る。

遊んだのは、今日までやんねえ。

今日までやったら・・・。大丈夫。

明日からは、勉強・・・。

 

なあんて。

 

叱るだけでもダメ。

ただ、理解するだけでもダメ。

 

誰かが叱ったら、誰かがフォローする。

そんなとき、意外に、育ててきた生徒たちが、うまくいい言葉を掛けてくれるから嬉しい。

希望の持てるような言葉を。

 

Please reload

Featured Posts
Recent Posts

February 18, 2020

February 16, 2020

Please reload

Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic