兄のことー続編

October 20, 2018

真ん中っ子、どうにも困っていたときに、兄からのメール。

来月、また、大阪に行きたいんだけど・・・?

渡りに船!と兄に即座に電話して、あれこれしゃべっていた。

私の気持ちも聴いてくれた。

あれこれ話を整理してくれる。

お父さんは、生きる気力が強いんだよね?

でも、お母さんが不安なんだよね?

なんて。

こないだ会ったとき、本当に穏やかで、そんな、かつての何かがあって、それにこだわって、なんてことはないと思うよ。などなど。

僻んだ真ん中っ子。

私があれこれしているのに、とちょっぴり不満だったのである。

母も、私の気遣いに対して、ちょっとは感謝してやってよ!と思っていたらしい。

でも、大阪に帰った折など、父は、私を連れて買い物に行きたがったりする。

要するに、なんでも言えて、甘えても大丈夫、と考えているのだろう。

母についての愚痴もちらほら。

母からも、父についての愚痴を聞かされる、私・・・。

 

お父さんたら、こんなんで、お母さんが困ってて・・・。

僕は、あれこれ言う立場にないから(外国暮らしが長かったりしたし。)、出しゃばったらダメやと思ってるから。でも、僕が言っていいんやったら、お父さんに言ってみよか?と言ってくれた。

私も、関西に住む妹が実質両親のことを気に掛け、今までは、何かあったら動いてくれていたから、彼女を立てて、自分は、あまり出しゃばらないでおこうと思っていたのに、今は、私があれこれ実際的なことをしている面がある。

ソーシャルワーカーの方とお電話で話したり、あれこれ兄妹が会って、できるだけのことをするために。

 

でも、こんなことで、兄を頼れるようになるとは思っていなかった、

二つ下で、しっかり者で、一応、勉強もして、ということになっていた。

一番頼りになる娘、ということだったらしい。その分、よく叱られもし、まあ、ある意味、両親は対等か、それ以上に私の判断力を買ってくれていたのだろうと思う。

でも、いざ、ということになると、長男の威力は強い。

母とも話していたけれど、ここは兄の出番!である。

 

それにしても、どんな人間関係にしろ、仲良くチームワークを組んだときほど、力強いことはない。

兄の力に頼ろう!!

 

でも、思うのである。

今、しっかり両親のことを気に掛けなければ、と。

生徒が見ている。

これからの高齢者社会で、私たち大人が、どう振る舞うかを。彼らは見ている。

いわんや、わが子たちが、私の振る舞いを、感じるに違いない。

 

兄の娘も、妹の娘たちも、である。

 

 

Please reload

Featured Posts
Recent Posts
Please reload

Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic