昔から・・・。


昨日、カフェレストランで、話していて、久しぶりに気付いたことがある。

どうも、私が時折混乱に陥る原因が、少しわかった。

私は、どうも、仕事をするときに、自分が女性であると思っていないようなのである。

別に、今更、仕事の上での、男女平等を訴える、とか、ハード面ではなくて、もっともっとソフトの方。

心情的な話。

意識していないのである。

まあ、幾分、女性の先生には優しくしたり、女生徒にはちょっと気を遣っていたりはするけれど、要するに、自分を女だとは思っていない。教師だとしか思っていない。もちろん勉強するときも・・・。

内面的に、むしろ男性的だと思ってきた。

ところが、ほんの十年ほど前に気付いたのだけれど、どうも外見が女性的らしく・・・。

だから、時折混乱もすれば、人に説明しようとして、誤解を受けることもあるだろうと思う。

私が、女性らしい気分になったのは、実は、彼を産んでからである。

「ねえねえ、○○ちゃん!」と言っては、女の子振っていた。彼に対するような、女の子らしい気分を、それまで、誰にも感じたことがなかった。また、彼は非常に男らしいボーイであった。

母や姉に、一大事があると、どこで聞きつけたのか、小さな身体中に、力を漲らせ、一歩前に出て、抗議をする。意見をする。とんでもない理屈でやっつけてくれた。こんな守られた感、初めて♡であった。

女だと思い知ったのは、娘を身籠ったとき。

仕事したい私は、「してやられた・・・。」と、それまで男子と肩並べてきた感のあった私は、喜びの半分で、そう思ったりもしたのである。

自分が母親になるなどとは思ってもみなかった。

ところが、産んでみると、子育ては楽しいし、思ったより母性が強いタイプなのだということも分かった。子どもたちは、本当に可愛くて・・・。何でもしてあげたかった。別に負担ではなくて、離乳食も一生懸命作って、おやつを作って、お洋服を縫って・・・。

どう切り替えているのか、仕事をしているときに、何にも考えていない。

大学時代に、あんたは普通の女性が持ってる男性との境界線がない、だの、うちのお母さんに言うててん、あの人、外見は女やけど、中身男やし・・・、挙句の果てに、危なっかしい、男性というものがわかっていない・・・。女子高、女子大は、無理(これは、意外に行けそうな気がする。私のアホさ加減に、きっとみんなが世話してくれるに決まっている。)。男子には、ちょっと普通の女の子と違う、中性的と言うか・・・、と大学時代、言われたこともあったっけ。長じてからは、男気がある?と言われたこともあったりして・・・。

女心の方が分かっていないと思っていたが、最近、男心が分からない説も出てきて・・・。

今日、実は、一大決心をした。

潔く認めよう!

私は、何にもわかりません!無理なことは無理!

ただただ、仕事するのに、面倒くさいことは嫌いなので、面倒くさいことは嫌です。

仕事だけすることに決ーめた!のである。笑

わかる人にだけわかる文章でごめんなさい。

今まで、自虐ネタにして笑ってすまそうとしてきたことを、嫌なことは嫌だと言うことにした。

すみません。女扱いしないでください。男扱いされても困るけど。

おかしそうにしゃべって、負担になっていることを、平気、みたいに思うのはやめよう。

それにしても、贈り物に、昔から女性的な花柄が多いのはなんでだろう・・・?

潜在意識に教えてもらいたいものだ。笑

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic