目指していること。


自分の成長を、誰かとの再会に希望をもつことで、促している部分はあるかもしれないなあ、と思う。

再会したい人や、あるいは出会いたい人にあったときに、きちんと話せる自分でありたい、来し方を責任をもって話すことのできる自分で在りたい、というのはあるかもしれない。

きちんと生きていきたい、と思う。

自分の足でしっかり歩いて、自分に起こったことに責任をもって。

話していると、あるいは一緒にいると、すべてこちらが悪いのか?と思わされる人がいる。

それって、多分、自分の責任を逃れて、相手の責任にしがちな人といるときではないか?と思わされた。

というのも、知り合いの、Tさんのせいである。

Tさんは、責任とれる人、という表現をよくする。

どうも、彼は、責任を取り続けてきた人のようである。

若いんだけれど。

「大体、その、○○さんと一緒で、○○を頼りにしていたんです、と人のせいにしているところが、僕から言わせたら、本人が責任とってないんですよ。」なんて。

責任?

なんの責任?

それは、それぞれの自覚によって、いろいろ変わってくるだろう。

自分への課し方によって、まったく違ったものになるだろう。

身近なところで言えば、自分の受験であり、自分の勉強であり、私たちの立場であれば、自分の指導、自分の授業・・・。

私の授業、とこだわりと自信をもって話す同僚がかつていた。

どんなときに、どんな風に責任を取るか?

その人が顕れるんだろうなあ、と思う。

ただただ、誠心誠意をもって、謝ってくれるだけでも、納得させられることもあるだろう。

言葉だけで、「だから、謝っているじゃない。」と言う人がかつていたけれど、みんな、それは全然謝ってないじゃん!と評する。

責任とっている態度ではない。

悪いとは思っていないから。

事実と真実は違う。

そんなもの、伝わるもので、心底悪いと思っているか、相手の誇りに思っているものを踏みにじったことに対して、申し訳ないと思っているかどうかはわかるものである。

ある人に謝ってほしい、と思い続けてきた。

だから、謝ってるやん!といつも言っていたその人を、その人と同性の、ある人が言った言葉から、その印象を思い出し、「謝ってほしい。」と言っていたのを思い出した。

大したことではないのかもしれない。

ただただ、その人が、悪かった、と思ってくれれば、ホッとするのだろうと思う。

でも、最終的に行きつくのは、人なんてどうでも良くて、自分が、どう思い、どう行動するかに、自分というものの存在が問われるのであって、人が、何を言ったか、何をしたかなんて、関係ないなあ、と思うのである。

謝ってほしい、などと思っていることからして、子どもだし、まあ、忙しくしているくせに、暇なやっちゃなあ、と自分にツッコミ入れているのである。

だって、仕事しろ!コールが多くて、いい年して、おセンチに、再会がどうの、なんて言ってる暇、なさそうである。

新しい出会いに、対応できていないのだから・・・。

いや、表面的には対応しているけれど、気持ちが、着いて行くのに必死、というほうが正しいのかもしれない。

ときは移り、ことは進む。

それだけ・・・。

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic