嫌いということ

December 1, 2016

 

昨日、午前中、教室での指導中に、誰かがした「生理的に嫌い」という発言について、その言葉は、私には言えない、という話をした。言えるか言えないかではなく、心中で思えるか?つまりは、内心でも思えるか?ということである。

 

かつて、娘が、息子の先輩で、彼女が知っている子のことを、「あの子、私、嫌い。」というので、「なんで?」と訊いたら、「なんか。」と言う。

私は、「なんか。」で嫌いになってもいいのか?と考えた。つまりは、言葉で説明できない理由なんかで、根拠なしに、嫌えるのか?と思った。

女子生徒に訊いてみたら、やはり、そういうことって、表現はしないけど、あると言う。

 

大学に行って聞いてみたら、男子全員、「根拠があるから、嫌いになるけど、何もしないのに、は、男の場合、ないっすよ!」と言われ、たった一人の、可愛い♡女学生に訊いてみると、やはり「生理的に嫌い」はあるのだそうで、「ああ、私が男っぽいねんな。」と言ってしまった。

女性の方が感性的だから・・・。

 

で、私。今、課題にしていること。

嫌いを言えるようになること。というより、内心の嫌いを、認めてあげられるようになること、で、ある。

アシスタントのKちゃんに、「マザー・テレサやもんね?」とよくからかわれる。面倒見がいい、とか、人がいいとか、よく言われる。私なんかがマザー・テレサなんて言われているということは、きっと私は偽善者に違いない、と思い始め、私は、私の嫌いに、もう少し敏感にならねば、と思っている。女性らしく、「生理的に嫌い」と思えるように、「なんか嫌い。」とか、なんか違う(これは言えてる気がする。)を言わなくても、思っていることに気付けるようになりたいなあ、と思っているのである。男子のように、根拠なく嫌いはない、ではなく、根拠なく嫌い、が言えたら、感性に敏感になれたら、頭を通さずに、感じられたらいいな、と思うのである。

もう少し、自分の気持ちに素直になりたいなあ、と思っている。

あ、無理してる、無理してたな、と気づいた私の感想。

Please reload

Featured Posts
Recent Posts
Please reload

Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic