納得♡


O先生は、私を舐めている!?

というより、私が、ここまで、というラインが来たら、その人が、いないのも同然になることを、彼はまだ知らない。その残酷さたるや、ある男性をして、「あーあー、一番怖い人怒らしてしもて・・・。」と言わさしめたほどである。

いないのも同然な人については、一切悩まない。それまで、心を尽くして、何とか誠意であろうとした分、切れるのも思い切り早い。

折も折、新しい出会いが多く、会わなければならない人がたくさんいらして、打ち合わせが続く。

下見もして来なければならないし、レジュメも作成しなければならない。

要するに、納得すればいいのである。はっきりしたら、それ以上は悩まないのである。

それから・・・。

結構、人間関係がスムーズに行っている人に対しては、さして努力しないなあ・・・、と気づいた。何とか人間関係を構築しなければならなくて、それでいて、いまいち、何考えているかわからない人や、あんまり反りの合わない人に対してのほうが、一生懸命努力するのかもしれないなあ。まあ、親切にする、ということだろう。何かに、うまくいってる風の言葉を一生懸命探して、何とか人間関係をスムーズにしようとするのかもしれない。でも、その努力が、ある限界まで行ってしまったら、まず無理だなあ、と思う。

そうして、それは相対的なものでもあるけれど、大体において、一人の人の評価というものは一定しているものであるから、周りの意見というものは、まずまず正しいとみていいかもしれない。だって、人間は、社会の中で生きていて、それこそ自己中心では生きていけない。お互いさまである。

水みたいな男性がいる。

もちろん、若い。

彼の幼いときの言動を思い出すと、清濁併せのみ、人の過ちを許し、己に厳しく、人が大好き♡水が大地に浸みわたるように人の中に溶け込んでいく。また、水のように、いろいろな形に馴染む。彼故、私は、自分を誇りに思っている節がある。その思い出話を、中二生の男子たちは、「危ない発言」と評しているが、正直、あれほど敬愛している男性も、かつて存在したことがない。責任感が強いし。つまり人を愛している。自分だけではなく、むしろ人を愛することで、彼は愛されていた。

そりゃあ、かつては、I want you. I need you.の関係だったのだから・・・。これは女の子のほうもおんなじだけど・・・。

老師の言葉を思い出す。

生き方、まんまやったなあ。ずーっと。

こんなこと言えるって、めちゃくちゃ幸せなのかもしれない。いえいえ、心配してます。素敵なお嬢さんを見つけてくれるように・・・。早く誰か特定の人のものになってほしい。誰彼なく、なんていやだから、だから、彼らしく、一人の女性を大事にする大人の男性になってほしい。

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic