赤い達磨 VS ブルドーザー ?

October 12, 2016

 

あのさあ・・・。

件のスポーツは、何を隠そう、教室では一番所属する生徒の多い部活のスポーツでもある。

 

シューズは高いのと安いのでは、違いがあるの?などと生徒に質問したりしている。

 

高校生のNくんが、先生とUがやったら、どうなるんすか?

と言う。

ちょっぴり不器用で、今年高校に入って始めたUとだったら、いい勝負かもしれない。

 

かつて予備校の同僚に、赤いベストを着ていた時、「先生、赤がお似合いですね。」と言われ、「何が言いたいんですか?」と訊いたら、「いやあ、まだ、誰も達磨みたいだとは言ってない。」なんて言われたら、横で、化学の先生が、「いやあ、達磨大師ってのは、男性じゃないかなあ・・・?」だなんて、からかわれたことをスルーするかのように言ってくださった。

 

その件があったので、Nに、達磨がやってるみたいって?と聞いたのだった。 

そうしたら、Nくんたら、先生とUだったら、と言うのである。

Uは、すっごい勢いで勉強する。

まるで、ブルドーザーのようね、と笑っている。

とにかく、目の前にあることを、方端から片付けていく彼を尊敬しつつ、その仕上がりを称えて言った表現だったのであるが・・・。

 

Nは、達磨とブルドーザーの対決?とからかったのである。

想像して大笑い。

ブルドーザーに、赤い達磨の私が掬われていくよう・・・。目に浮かぶ・・・。ハハハ。

 

それをUくんに言ったら、「確かに面白いっすね!」

誠実な彼が、八重歯を見せて、高校生らしいさわやかさで笑ってくれた。

なんだか微笑ましい会話だったなあ。

 

達磨は、絶対に転ばないのよ!

そうっか!Uが助けてくれるよね!

 

本当にいつか、みんなでやってみるのも面白いかもしれない。

意外に実現したりして。

でも、O先生を初め、めちゃくちゃうまい人が多いからね・・・。

 

 

Please reload

Featured Posts
Recent Posts
Please reload

Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic