毒舌家ー大好きなK氏


昨日、O先生と話していて、何かにはっきりしなかったり、責任取らない人、彼に言わせれば、「自分のケツを自分で拭かん人」は、大っ嫌い、という話が出ていたのだが、確かに私は、どちらかと言うと、はっきりさせる人が好きである。優柔不断は、周りを振り回すから・・・。

個性的で、はっきりしていて、自分の意見を鮮明に表現する人は、それなりに敵を作るかもしれないし、自分自身が嫌な思いをすることも多いだろうけれど、その、嫌な思いも含めて、責任を取っているし、例えば、組織において、原動力になっていたりもするだろう。

二学期になって、O先生が意見を言ってくださって、初めは、乗り気でなかったというより、多分実現できなさそうに思っていたことが、彼の言う通りやってみたら、中間考査を前にして、なんだか軌道に乗ってきた。最初は、私は板挟み?なのよ、なんて言っていたのに、O先生の提案を受け入れてみたら、なあんとうまく乗り出した。あの日のO先生の意見の出し方は、なんだか、「僕は引きません!」的だった。でも、結局、O先生は責任とって、しっかり軌道に乗せてくれている。O先生ご指名もあったりして・・・。

私は、そういう、意見の出し方は好きである。

何でも代表?の言うこと聞いておこう、なんていう姿勢は好きではない。ただ、やみくもに、自分に合わせてほしい、というわがままとは違う。

それから、O先生と話していて、そろそろ実務家?というか、授業以外の教室のことをしてくださる人がほしいなあ、と思い始めた。できれば女性がいいなあ、と思っている。候補はいるので、要するに、私がお任せする準備ができるかどうかだけの話。

O先生でないと、私でないと、という授業ばかりなので、授業を誰かにお任せはしたくないなあ、と今思っている。後半にお入りになるかもしれない、理系の先生は別にして。

なあんて、言ってるが、実はK氏のことを書きたかったのである。

毒舌家K氏が、私は大好き!

好みでないイケメンであるが、この毒舌、さわやかすぎる・・・。

しかも本質を突いている。

もててるお兄さん(おじさん?)の顔して、実は、そうでもないんちゃうかいな?と思わせる雰囲気。

Sを気取って、実はMも見え隠れしている・・・。

この人のセミナーに行って、実物とお目にかかってこようかなー、と思いつつ、高額のセミナーを売りつけられるの怖さに、行ってない。大阪商人風あくどさもありそうな・・・(大阪の人、ごめんなさい。)。

でも、そこを隠さず、いい人ぶらないどころが、余計に好きかも?

偽善者は、大っ嫌い。

みんなにいい人に思われたくて、結局迷惑をかけてる、どこかでしわ寄せを、つまり、何かあったら、誰かのせいにする人より、絶対、はっきりしている人の方が、責任とってると思う。

いい意味で大人で、波風立てない、というのは大切なことだけれど、自分が責任とるのが嫌さに、誰にでもいい顔していたら、結局、誰かに迷惑をかけ、そうして、誰かに責任を押しつけることになるのだ、という話を、昨日、O先生としていたのだった。

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic