ある詩との出会い♡


生徒の指導を通して、ある詩に出会った。

  朝の祈り   山本沖子

紺色の制服を着て、カバンをさげ、中学校へ行こうとする娘に、私はかたりかける。

いってらっしゃい、気をつけてね。

赤ちゃんだったあなたを抱いて、ママは待っていますよ。

今朝は雪が降っているから、赤ちゃんを暖かくくるんで、窓から雪をみせてあげましょう。

赤ちゃんは風邪をひきませんよ。

だから、あなたもケガをしないでね。

ママはあなたを、だいじに抱っこして、待っていますよ。

ほら、赤ちゃんのあなたが、今日のあなたに、バイバイをしていますよ。

いってらっしゃい、気をつけてね。

この、抱っこしている赤ちゃんは、母親の心。誕生のそのときから、親から出発し出す子どもの人生。母は、自分の思いを抱き続けて生きていく、というようなこの詩についての文章の内容に、なんだかはっと、させられた。母親のわが子への愛情と、悟りと、ある種の自分の人生を生きていくのだ、という潔さを感じる。

それにしても、いい詩だなあ・・・。

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic