エッ!?タフって!?


昨日、O先生の授業が長引いていたので、車で待っていらしたお母さまに教室に入っていただいて、おしゃべりをしていた。

指導は指導だけれど、それはそれ、同世代にしたら、叱られそうだけれど、同じような世代の女性同士のおしゃべり。

お弁当のおかずに悩んだり、日常的なお話。

そこから言われてびっくりした言葉。

「先生、タフやなー、と思って。」なんておっしゃる。

若いころから、タフだという思いはない。

だが、かつて結婚式で主賓の上司に、ここでそれ言います?という表現をされ、驚いたことがある。

真面目で、とか、努力家で、とか言われるのかと思ったら、やってしまえる人なんで・・・、と言われ、唖然!

外からのイメージと、自分を自分で見ている感覚は違うことが確かに多い。

昨日、お母さまが、明日からの大学の授業用にと、デスクの上に置いていた本をご覧になって、「頭痛くなりそう・・・。」とおっしゃったが、「それぞれ好きな分野も、得意な分野もあるからー。」なんて話していて気付いた。

母は、あんまり褒めてくれない。

一生懸命勉強したり、仕事したり、何かで、何らかの結果が出ても、「頑張り―。」としか言わない、ということに気付いた。父はもっとかもしれない。挙句の果てに、「その意味が分からん。」と状況が分からない、といった表現をされたりする。真ん中っこの私、かわいそうではないか!

第一、母にはわからない本を読んでいても、「頭が痛くなりそう。」なんて可愛いこと言ってくれない。

なあんて、ぶちぶち娘側の話をしていた。

母は、プライドの高い人だなあ、と思っている。ちなみに、ちょっと嫌味な意味を込めて、知的な人やなあー、と思っている。

私とは、母としてのタイプが真逆である。

私は気持ちを大事にするタイプ。こころを整えてあげてなんぼ、と思ってきた。絶対に完璧にはできなかったけれど、努めてはきた。

私など、子どもたちが小さい頃、仕事を離れたら、「明るい、楽しいお母さん」でしかなかった。友だちが、何かの折に、「あの人、先生してる言うのはほんまやってんなー、ってみんなで笑ってたんだよー。」と言われる、ただの世話焼きなおばちゃん。当然、おばちゃんは、子供たちに、同じレベルで遊ばれていた。

今でも、教室でも、生徒ではない子が来たら、「おばちゃんと遊ぼかー。」となってしまう。

ということで、娘はいい年して、むくれていたのだけれど、「タフ」と言われて、ああ、父も母もタフやと思てんのかー、と考えさせられた。

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic