開校してから。

July 20, 2016

 たぶん、仕事が合っているのだろうけれど、開校してから、あまり深く物事を突き詰めて考えなくなったような気がする。

 

人の言葉も、ちょっと嫌な思いはしても、自分が悪いのか、相手が悪いのか(失礼なのか。)、それとも相対的なものなのか、なんだか見極めがついてきて、「これは、私が悪い面があるけど、○○は、あちらだなあ。」とか、「いくらなんでも、そんな言い方は失礼やな。」とか、結構、裏で真面目な私は、自分を切り刻んで、何でも自分が悪いことにして反省し、落ち込むことが多かったのに、最近は、「それはないやろ。」と、結構、責任の所在を分析的に、割り切ることができるようになってきた。

それと、変な悩み方をしなくなったなあ。

 

多分、仕事のせいではありません。

ハハハ。今気が付いたけど、年取った、ということなんだろうなあ。

 

それにしても、開校してから、それまでもだったけど、いろいろな人と出会い、いろいろ学ばせてらったなあ。

妥協せずによかった、と思うこともたくさんある。

協調してよかった、ということもたくさんある。

でも、こうしようと決めているのではなく、そのときそのとき、最善を模索してきたような気がする。

ある人など、本当に気長く接してきたなあ。

そう、昨日で、来られてから、一年になる。

生徒より手のかかった方である。でも、結構、ご活躍。

性格が正反対なのが、という人もいて、確かに正反対の面もある。

補完しあって、何とかなっているという面もある。

と、ご本人もおっしゃっていたけれど、今日は、そんなことを実感させられる日だった。

 

Please reload

Featured Posts
Recent Posts

February 18, 2020

February 16, 2020

Please reload

Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic