中間考査

May 7, 2016

 

もう、早くも、高校生は中間考査を意識する時期が来ている。続いて、中学生も。

高校生は、毎日自習に来て、何とか不得意分野を克服しようとしていたりする。

私もそれなりに頼りにされて、そうして、時折お茶の時間なども入れて、ちょっとおしゃべりをしたりして、頑張ったり、楽しんだりしている。

そんな中で、勉強の仕方をアドバイスして、そうして、「なんだか楽しくなってきたんですよ。」なんて言われると、もう、飛び上がるほど嬉しくなってしまう。

点数を追いかけるのも大切である。高3生の場合、進路に関わってきたりするし、必死なのだけれど、それもそうなのだけれど、勉強のプロセスの喜びが分かったら、もう私の仕事の大半はできたと思っていい。指導の時間なんて、受験勉強の一部である。自分で勉強するだけのモチベーションをもててなんぼ、である。

この教科が面白い。もっと勉強したい、と思ってくれたら、そのあとは、ご自分の力で伸びていかれる。そうしてわからないところが出てきたときのサポートや、精神面でのサポートができれば、受験勉強は軌道に乗る。

人生の中で、楽しいことが増えてくれれば嬉しい。

一生、勉強することが楽しいと思って生きていってくれることができたら、それは一生ものの宝物になる。そうして、勉強以外のいろいろな出来事も、きっと楽しめるようになるだろう。

中間考査を通して、何か伝えることができればいいな。

Please reload

Featured Posts
Recent Posts
Please reload

Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic