とっても嬉しかったこと。

April 3, 2016

先日、アスクルにコピー用紙を注文した。

さすがに「アスクル」よろしく注文した翌日の午前中には届いた。

 

アスクルから荷物が届くたび、あるいは、テキスト会社さんからテキストが届くたび、また食材や、その他のいろいろなものが届くたび、「あー、ありがたいなあ。」と思う。そうして、急いでいるものなどは、ああ、間に合ってよかったなあ、と思う。講習中など、朝、指導を始めたら、夜までずっと指導をしていて、お買い物に行っている時間などなくなる。そんなとき、インターネットで買い物ができるというのは、ものすごく安心させてくれる面がある。ましてや注文した翌日に、しかも夕方頼んだものが午前中に届くなんて!

 

それだけでもありがたいことなのに、昨日、生徒の指導中に、アスクルさんからの荷物を届けてくださった、私より年配の女性の方(なんか、親しみのこもった表現がしたいけど。)が、水仙のお花を一緒に持ってきてくださった。それも嬉しそうに、「あなたに。」なんて言ってくださって!「庭に咲いてたから。」と。黄色い、でも少し淡い感じの、いかにも春です、という様子の水仙。可愛い薄い黄色のフリルのような。「春が来たみたい。」と言ってしまった。子供のように喜んで、白い花瓶に合いますよね?と言っていたのだけれど、どこにあったっけ?と思い、とりあえずはそばにあった瓶にお水を入れて、カウンターに飾った。

 

なんだか、私のことを思って、お庭の水仙を束ねてくださった、その瞬間のその方の想いが、本当に嬉しかった。きっと私って、すごく喜びそうに思われたんだろうな。ちょっと見透かされている感いっぱいだけど、やっぱりすごく嬉しい!

 

お花っていいな、と思う。人の心を和ませてくれて。

お花を贈る人の気持ちって素敵だなって思う。相手の喜ぶ顔を思って、贈るお花。お花は、人の気持ちを届けてくれるのに、すごく役立っている人?だと思う。変な擬人化。

 

そう言えば、ちょっと前だけど、新中三になる男子生徒で、その頃は、国語のみ受講していたのだけれど、私が、いろいろ擬人化して話すので、「擬人法がお得意ですね。」とニヤッと笑って指摘されて可笑しかった。

 

男子生徒にとっては、私はからかいやすいらしく(いや、いつも指導中にやられっぱなしの恨みの仕返しか?)、先日のエイプリル・フールでは、騙されっぱなしだった。私はケロッと面白いジョークを時折言って、生徒をかつぐので、今回もいけるだろうと、いろいろやってみたが、騙されてくれたのは、たった一人T君だけだった。あとは、一人の生徒に5つくらいウソをつかれて、いちいち騙されていた。「ウソですよ!」と言った時の私の「エッ!」とびっくりした時の顔を見て、喜ぶこと喜ぶこと!

 

彼らは、私の反応が面白いらしく・・・。

もちろん、可愛い女子生徒に、私を騙したりする子はいなかった・・・。

 

ついでに、私は、女性を口説くのがうまい、と自分で思う。

先日も、本屋さんに行ったら、あまりに美しい、上品なお声の女性がレジの担当だった。あまりの声の美しさに、

「上品で、きれいなお声ですね・・・。」

「いえ、そんな。そんなこと言われたの、初めてです・・・。」と言われた。

また、スーパーの若い娘さんに目を付けて、話しかけ、「可愛いお嬢さんね。おいくつ?」などと言ってしまう。可愛いんだもん。

ほとんどナンパではないか!?

と思うが、なぜか女性の素敵なところに目がいってしまう・・・。

なんでなんだろう?

Please reload

Featured Posts
Recent Posts

July 21, 2019

July 3, 2019

June 29, 2019

May 29, 2019

Please reload

Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic