また、告白!?

December 4, 2015

 

昨日、まあ、M先生が褒めてくれるではないか!?

「櫻井先生の大きな大きな愛情には敵わない。」って!

これは、教師としてのやっかみだろうか?

いつもM先生に嫉妬している?私としては、よう言うてくれた!と嬉しくなったのだけれど、それよりも何よりも、私は「確かにみんなに愛情かけてるかもしれないけど、私が皆さんにその分いっぱいいっぱい返していただいていて、そのほうが絶対大きいと思うんだけど・・・。そう思うでしょ?」と言って、自慢して?しまった。

 

実は、大人なO先生には、どちらかと言えば精神的に、胸を借りて、ある意味、もたれて、相談したりできるが、いろいろな才能をお持ちで、いろんな分野に秀でていらっしゃるとは言っても、ぎりぎり親子でもいける年齢差のM先生とお話するときには、やはり、教師としては、先輩として、それなりに気を遣ってしゃべっているつもりではある。自分が先輩方、教師としてはもちろんだが、人生の先輩に教えていただいたり、いろいろしていただいてきたことを思えば、今度は自分の番、という年齢になってきていると思う。

思えば、いろいろな人に育てていただいてきた。新卒の高校では、それこそおせっかいにも私の世話を焼きたがるつわものの先輩方が、山ほどいらして、それは可愛がっていただいたと思う。

 

そういえば、これは、思い切り自慢?だが、昨日、また、Yくんに可愛い、と言われた。昔から、ちっちゃくて、優しそう、と言われた私の目について。20歳の時の中三の同窓会のときにも、担任の先生に、「相変わらず、ちっちゃい目やのう・・・。」と言われたことをその前の指導で話していたのだが、これって、すっごい愛情表現だよね、なんて言っていた。そしたら、Yくんは、先生、眼鏡を掛けたら、そうでもないけど、はずすと、目がすっごくちっちゃい。うん、可愛い。なんて言ってくれた。そう、ぼけた顔やから、ちょっとは賢そうに見せなくちゃと思って、眼鏡かけたほうがいいかなあと思っているんだけれど、なんて言っていた。私は、そんなこと中二で言えるあなたのほうが、ずっと可愛いわね、と言いたかった。

 

その前に、いらした女性のお客様がいらして、その方は、よく訪ねてくださるのだけれど、先日は、赤いガーベラをいただいた。そのガーベラは、ふっと気に入って買われたそうなのだが、なんと私の誕生日である、5月1日の誕生花だった!不思議。そのお話をしていたら、「真弓さんには、なんだかなにかしてあげたくなるのよねえ。」と言ってくださった。この言葉、何度、何人の人に言われてきたことかしらん。また、告白ですか?な

 

だから、M先生に言われた言葉にお返ししたい。

たくさん愛情を掛けてきたかもしれない。でも、たくさんたくさんいろんな人にいろいろよくしてきていただいてきたのよ。それは、巡り巡ってきたもので、順番にしていただいたことをどこかで誰かに返せばいいんだって。

 

第一、利益関係だけで、人間関係は成り立ってはいないし、やっぱり信頼関係があっての、人間関係だと思う。ビジネスだってそうだ。相手の幸せを思わないビジネスは、廃れていくだろう。根底には人間関係があるはずだ、と、私のメンターやそのお師匠様、イケメンK氏もたぶん、そういう意味のことをおっしゃっている。やっぱり、人を大切にしてのことだと思うのである。

 

O先生もM先生も、本当によくしてくださっていると思う。大学受験の指導の時、O先生は、いつまでも延長して指導していらっしゃる。生徒のことを、「彼には、なんかしてあげたくなるんですよねえ。」なんて言いながら。

M先生は、細やかな気配りのできる方で、深い思慮をお持ちだと思う、が物事を深く考えて、ときどきすっこーんと何かが抜けているところなど、めちゃくちゃ面白い。突っつくのにちょうどいい頃合いで。

 

持ちつ持たれつ、人間は生きている。

私の大切な人たちが、しあわせでいてくれることを私が願うように、私も、できるだけ、自分の周りの人に、愛情を掛けていきたい。少しでもしあわせでいてほしい。

 

 

Please reload

Featured Posts
Recent Posts

March 29, 2020

March 22, 2020

March 16, 2020

February 26, 2020

Please reload

Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic