感情。


  私は、よく人にも言われるけれど、あまり人に気を悪くさせるようなことを言うタイプでもないようである。ただし八つ当たりできる人は別、さんざん言い返したり、プンって怒ったり(それは本人に言われた。)する。

 でも、最近、本当に、今までの人生の中で、そんな感情的な言葉を発したことはない、というような表現をした。それほど心が揺さぶられるって、どういうことなんだろう?って、しばらく考えて、でも答えが出なかったから、それで置いておくことにした。そしたら、なんとなく答えが出てきた。

 今までの、理屈だけは通っているけど、怒っているなんていう発言とは違う、本当に、泣きそうになるくらい、そう、泣き泣きで発した言葉を、今日、指導していて、結構信頼している受験生に言ったら、それは大人の言葉ではないでしょう、打ち明けたから、その分、許される、というようなものじゃありません、と言われた。が、当のご本人は、先日の暴言について話すと、えっ、何のことですか?と言われた。

また、一本取られた。もういい。完璧な大人なんかでなくていい。私は私の不完全さを認めることにした。今までだって、周りの皆様に助けられていたけれど、でも、今回のは、価値観は揺らされるは、何が何だかわからないは、で、大暴れだった。でも、ちょっぴり嬉しい。理性的でない言葉を発することができた自分が、何かの殻を破ったみたいで、ちょっぴり嬉しい。

 でも、憎たらしいのは、何のことですか?と涼しい顔をしていらっしゃる方である。私より、何枚上手なのでしょうか?

 これから、これを機会に、私が誰かと喧嘩でもできるようになったら、おめでとう!って言ってください。

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic