ご報告♡


混乱の原因がなんだったのかはわからないが、お盆前から、私はおかしかった。

あまり好きではない時期というのがあって、、それは、ゴールデンウィークとお盆。お正月もあまり好きではない。日常の、人が普通に動いているときが好きなのかもしれない。

今回はひどかった。なぜかお盆のころに実家の母とよくやってしまうのだが、ふとした事件から、私は、母に突っかかり、言い合いになった。たぶん、自分に起こったことが整理できず、それを解決してもらおうとしているうちにおかしくなった、子どもっぽい話なのだろうが、母には、口では勝てない(あっちは私のことをそう言うが。)。仕事柄、私の方が口が立つことにはなっているが、理屈も口論も、勝ち気でプライドの高い母には勝てない(ちなみに何十倍の難関を通り抜けた、もと商社レディー。私を知っている人からはちょっと想像できない、娘が言うのもなんだが、若い頃など、それは、きれいだった。)。そして、私が、引かないとなると、母は、拒絶モード。メールも電話も受け付けません。すっごく強い!

昨日は、ちょっとどうしようもなくなって、電話した。母は携帯には、相変わらず出ない。家の電話に掛けると、最初は出なかったが、ほどなくあちらから掛かってきた。

なんと父からだった。

「お母さん、熱出して、頭が痛くて(どこかで聞いた話。)、食べ物も食べられんと、寝てる。毎日お医者さんに通って・・・。」なんて言い出した。いつもなら、ここで、「お前は!」と叱られるところだが、今回は違った。

母から、私の気持ちをいろいろ聞いて、父は、何かと反省してくれたらしい。

そう、真ん中っ子の私の気持ちを。

「お父さんは、バカやから、仕事ばっかりして、家のこと全然わかってなくて、愚かだったから、お前に悪かったなあと思ってる。」なんて言ってくれた。自由奔放な兄と、気楽な妹と、そして次女として生まれて、なにかに人に頼りたい母の中で、私が甘えたくても甘えられなかったことに対して。そして、父が兄を可愛がって、母が妹ばかりかまうから、私は勉強してた、なんて典型的真ん中っこの想いを話した。

そう、お盆前に、私は、お父さんとお母さんに褒めてほしかったのだ。よく頑張って、周りの人がわかってくれてよかったね!遠くでもちゃんと頑張って、ちゃんとやってきたなあ・・・って。さすがにほめてもらいたいことがたくさんあって、でも、なんだかスルーされたようで、淋しかった。一番褒めてほしいのは、やっぱりお父さんとお母さん。

そんな中で、ほかの人があんまり自分によくしてくれたら、大混乱する。拗ねて、駄々をこねて、もういい!となってしまった。

ここまで、徹底的に負けずに反抗したのは初めてだった。腹をくくって、徹底的に反抗した。今まで言いたかったことを全部言った。

すると、父は、あっさり謝ってくれた。さすがにお母さんの状態を見て、それほどお母さんに腹を立てる娘の気持ちはなんなのだろう?と考えたようだ。

しょっちゅう一緒に旅行に行って、しょっちゅう電話している仲のいいはずの母親と娘に何があったのか、さすがに父は考えたのだろう。

若い頃、母はいいなあと考えた。それに弱いと思われる人はいいなあと考えた。

初めて、なんだか小さい女の子になったみたいに素直な気持ちになった。

それと、ちょっとびっくりしたのは、私は、なんだかある人にある一件で、守られる側になってしまって、びっくりしてしまったのだ。親切にされても、あんまり守られることはなかったような・・・。そんな、信念持って言われても・・・。守られそうになったら、「結構です!自分でやります!」と言ってきたような気がする。そんなん、私のキャラじゃない!と混乱して、親にごねてみたら、あっさりお父さんは、私を守ってくれた。ちなみに、職場で、焼きもち妬くキャラでもない。だから、同僚は、妬いてみたら面白いかもしれない、とアホなことを言われたことがある(これは、恋愛とか、そういうのとは違うレベルの話。)。

びっくりした原因がわかって、そして、新しい自分と出会ったのだから、明日は、ちょっとは楽にならないかなあ。まだまだ私のあたまの上の方にいらっしゃるような知恵熱様。もう、わかりましたって!

すみません。私は、親に反抗してはいけません!とは言えない教師かもしれません。それに、私は、何にも言わないで、心で思っていられるより、まだ、表現してくれる方が助かる、と考えている節もあります。もちろん、わがままとは別の話です。

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic