失礼な結果!ウソでしょ!?


なんでそこに行き着いたのか、「心の筋肉痛診断」などというものがありまして、やってみました。質問事項に答えているその過程で、半ば気づきかけていたのですが・・・。結果、「心に太い毛が生えている」らしく、心の筋肉痛度0パーセント。ウソでしょ!毎日あれこれ悩んでるじゃん!と言いながら、妙に納得している自分がいます。

そりゃあ、生徒さんに何かあれば辛いし、何とか乗り越えていってほしいとかなんとか、すごく心配はしているのです。ただし、 心配事に対して、自分のできることは、さっさと対応しているので、自分のできることはやったから、あとは何かしら目に見えない力にお任せ、とどうも自分を捨てる癖があり、何かにことさらに執着しているわけでもなさそうなのです。

そして、またまた問題が出てくると、対応。電話を掛けられるところには掛け、元気づけられる何かを探し、本を読んで、自分の心も誰かの心も晴れる言葉や考え方を探し、新しい勉強もして、何か起これば、ビュンって車を走らせ・・・。対応するのに必死で、もしかしたら、深く考えている暇がないのかもしれません。後に残るのは、精一杯やった自分。後はお任せ。結果を待とう。のようです。

健康的だと言われれば、健康的ですが、文学部出身者としては、いささか不名誉。

繊細だとか、我慢しすぎだとか、もっと自分を表現してもいいんだよ、とか言っていただけないかしらん。率直さが売りとはいえ、文学部に申し訳がなく・・・。

しかし、やけに納得の結果に、自分で大笑いし、そして、周りにも大笑いされたのでした!

だからか、そうか!私の悩みになんて、誰も付き合ってくれなくて、そんでもって、いつもなんかかんか誰かの悩みを聞いているのは・・・。これはどうも天命のようです。オーラカラー金のときと同じみたいです!でも、教師の私が、あたふたしてばっかりだとませんから、心臓に毛が生えていても、お許しくださいね。

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic