告白!


どうせだったら、これぐらいCOOLな人に、ならいいのですが、なんと、私、中学生に告白されるのが得意です・・・?

ある中学校に、ほぼ助っ人状態で指導に行っていたときに、やたら、「先生、独身ですか?」と訊かれることがあって、そこは元関西人、これに乗らずにどうする!と思い、「もし、そうだったら、お嫁にもらってくれる?」どんな面白い答えが返ってくるかと、ワクワクしていたら、「いいですよ。」しかもテレテレ。はあー!?

で、あんまり続くので、高校生の指導をしていたときに訊いてみました。「あんたら、私のこと、女性として見れる?」答えは当然、「ありえんし!ハハハ・・・。」私はその健全さにホッとしたのですが、先輩の先生に、中学生からの告白?について、お話しすると、「おかしいのと違うか?」。私、「やっぱり!」受験に合格した高3生と、クラシックのコンサートに行ったとき、その生徒の親戚の方に、「遠目で、○○の彼女かと思たー!」と言われた時は、さんざん自慢しました。が、しかし・・・。

歯医者さんでも、歯科衛生士の人に、あるいはクリニックで、看護師さんに話してみると、「自慢ですか?」と言われて、「自虐ネタです。」

実は、講師仲間からは、精神年齢が同じ、などと言われていまして、よく中学生と仲がいい、と言われます。女の子の生徒ともです。つまりは、同じレベルで、しゃべっているということか・・・。

ママ友にも、「文学の話してれば大人なのにねー!」と指摘されたこともあり、でも、国語の授業、やってるやんか、国語って、一番おとなな世界やん!『源氏』なんて、大不倫物語やでー、と言いたいが、でも、反論しきれない私は、一体・・・?

試しに、違うところの中学生が、またまた、同じ質問をしたので、例のごとく返したら、「考えとくちゃー!」私は、やはり、この、関西人にとって、柔らかく断るときのセリフである、「考えとく・・・。」というのが、一番面白い返しだと思うのですが・・・。

ちなみに、私が学校の廊下を歩いていたら、「あっ、普通のおばさんみたいな人が一人いてる!」と言うので、そこはまたまた、元関西人、「それは間違っている!」とすごく怒ったような顔をして、「普通のおばさんみたいな人なんじゃなくて、私は、普通のおばさんやん!」これが、関西風お笑いです!

ちょっと悩んだのですが、教師は、普通のおばさんに入れてもらえないのでしょうか?

実家に帰省したら、よく母とお買い物に行きま。そしたら、私が話しかけられやすいのか、面白い話をしてくれる人が多く、ゲラゲラ笑って帰ってくる、という経験をしました。現実的にはありえないことを、ちょっとずらして、大真面目ではなく、その落差を楽しむ、そんな言葉遊びって、生活の中に、ちょっとしたくつろぎを与えてくれるものだと思います。

そうだ!これは、授業中、よく話すネタですが・・・。

大学4回生の夏、人並みに、就職活動をしていたとき、ある会社への行き方がわからず、電車の駅からタクシーに乗りました。地名はわかっているし、そこそこ有名なところだから、大丈夫、と思って、運転手さんとあれこれ言いながら、探していたのですが、結局、どこかわからず、途中で降りる羽目になりました。表示された料金の高さと(大学生には痛い金額。)、面接に遅れそうな焦りから、車内の雰囲気は、最悪。重たーい雰囲気で、降りようとした、その瞬間、運転手さんから、「御嬢さん、今度、NHK受けに行くときは、気いつけや!」大笑いして、それまでの憂鬱な気分は吹っ飛び、私は大きく腕を振って、大股で、ご機嫌さんで、歩き出しました。だって、NHKを受ける、つまりアナウンサー?およそ垢抜けていない私に、アナウンサー?結婚式の、絶対に、誰にでもきれいな花嫁、と言うのと同じで(ただし、結婚式でもきれいな、と言われなかった女性をたった一人知っていますけどね。)、事実と反していても、言われて嬉しくないわけもなく・・・。言葉の魔術・・・。ジョークとわかっていても、テレテレ嬉しくなって・・・。

でも、美人に言っても面白くなく、その落差を楽しむのが面白いのです。ちょっと事実とずらして楽しむ、そのゆとり。人間関係を円滑にする方法なのかなあ。

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic