取材

ちょっと前のことになりますが(そう、半袖来てるでしょ?)、「リーダーズ・アイ」という、ビジネス系の雑誌の取材を受けました(全国紙ですが、富山でも購入できます。本屋さんにあります。ちなみに12月号。)。

お受けした大きな理由は、そう、志垣太郎さんもいらっしゃるということだったからです。

志垣太郎さん、昔、大好きだったのです。子供の頃ですが。なんだか、さわやかなお兄さん的に大好きでした。

来年、NHKの大河ドラマで、「花燃ゆ」という作品が放映されますよね?松下村塾の吉田松陰の妹文さんが主役ですが、その旦那様が、吉田松陰の愛弟子でもある久坂玄瑞で、なんとあの東出くんがその役を担当されるそうで、東出くんは東出くんで、大好きなのですが・・・。

私にとって、久坂玄瑞は、なんと言っても、志垣太郎さんなのです。

その昔、大河ドラマで、「花神」というドラマがありました。まだ小学生だった私は、登場人物の格好よさに、ドラマの内容もさながら、もう俳優さんにうっとりしていました。なかでも、中村雅俊さんの高杉晋作、篠田三郎さんの吉田松陰、尾藤イサオさんの、後の伊藤博文、ちょっと弱気で、「高杉さ~ん」と呼ばれるその雰囲気までも覚えています。私にとって、歴史上の登場人物は、あの「花神」の中の俳優さんのイメージ通りで、今さらほかの方が演じられても、そう、いまさらイメージを変えることはできません。

ちなみに志垣さんは、久坂玄瑞役の写真を持ってきてくださいましたが、そりゃあ、もうかっこよかった!

そうでした。取材の内容はは、私の教育に対する想いとか、実践についてでした。とっても楽しかったです。すみません。後回しになりましたが、よかったらお読みください。教室にも、数冊ありますので、12月になったら、ぜひお読みくださいね。

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic