戦績

教育の世界で生きてきて、モットーにしているのは、「手をかけ、時間をかけ、想いをかける。」です。生徒さんの中には、私よりはるかに高い知性や才能をもった人がたくさんいるはずです。それを引き出し、やる気になってもらうのが私たちの仕事だと思っています。教育は、見えないものを扱う仕事ですが、数字というのはある意味正直で、自分のした仕事の内容を、はっきり表してくれます。皆さんの偏差値もそうかもしれません。自分のできていないところを数字にして、顕在化してくれる。どこに工夫をすればいいか考えさせてくれる宝庫かもしれません。

 ここ数年、私の生徒さんは、必ずと言っていいほど、全員合格していかれます。自分でも、一体なんでなんだろう?と思います。時には、苦手だったはずの数学を担当していて、ということもあります。かなり執念で入れてる、という感じが強いように思われて仕方がありません。

 皆さんも、執念で、受験勉強してみてください。なんかちょっと怖い感じがしますか?気合、気概の方がいいかな?執念といっても、イメージよりもずっとサラッとしていて、工夫を重ねていく、と考えた方がいいのかもしれません。ただ漫然と今までのやり方を続けるか、勇気をもって違う方法にしてみるか、かと言って、学習方法を変えてばかりではよくなくて、そこは、一定期間の継続が大切になってきますよね。そこをサポートできるようになれたらな、と思っています。

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic