逆説的に、寒くなったから感じる温かさ・・・。


本当に寒くなりました。


夏が過ぎ去ったかと思っていたら、ある時、突然寒くなった、というような気がしています。

突然暖房器具が必要になり、なんだか一気に冬になってしまったような・・・。


清少納言の『枕草子』の中の、「冬はつとめて・・・。」ではないですが、冬の朝の、シーンとして、ツーンとした寒さが好きです。


その寒さを徐々に溶かしていくような朝の時間。

タイマーを掛けて、温めておくということもできるけれど、私は、あの瞬間が好きで、自分で部屋を徐々に暖かくしていきたいのです。


少しずついろんな器具が動き出して、だんだん部屋も温まってくる、あの感じ。

誰かが外出するころには、すっかりあったかい家になっている感じ。


鍋やフライパンからの熱気が、食材の香りと共に立ち上ってくる、そんなグラデーションのあるような、温まり方。


私はつくづく、生活することが好きなんだなあ、と思います。


先日、ちょっと本場のバルサミコ酢を注文しました。

あまりバルサミコ酢を上手に使えたことはなかったのですが、写真を見て、お料理の説明を読んでみて、ああ、これはそろそろ使えるな、と思ったのです。

ちょっとばかりの贅沢です。

でも、たぶん贅沢にはならないと思います。

おいしい調味料と食材があれば、どうしたって、仮に5分しかなくても、ササッとお弁当を作りたくなるし、家での食事がよりグレードアップするので、余計な食費が掛からなくなるからです。

そう言えば、健康のことを考えて、玄米を頼みました。以前白米に五穀米を入れて炊くようなことはしていたのですが、玄米を炊くのは初めてです。


それから、クリーム・チーズ。

本当は、素敵な食材や調味料を選ぶために、お買い物に出掛けたいのだけれど、なかなか行けません。



今日、やっと銀行と郵便局に行くことができたという塩梅です。

でも、なんとかして、冬だからこそのお料理を楽しみたいと思っています。

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic