top of page

象徴的な出来事ー呑気さと付き合っていくことにしてみた私。




こうやって娘を抱っこして、里帰りした折には、知っている人のところに連れて行きました。

私の人間関係に触れさせていたかったからです。


この娘は、私の胸の上でうつ伏せが好きでしたが、もしかしたら、こんな風に密着させて一緒に歩いていたからかもしれません。隙あらば私の棟に乗ってうつ伏せに眠っていました。

2人とも呑気だと思います。本質的に・・・。

今朝、象徴的な出来事があって、だからできたんだな、ということも含めて、私は自分自身を理解したのです。


私は結構思慮深そうに思われます。

でも、一方、とんでもなく行動してしまうし、周りが考えられないようなこともしてしまうのです。


今朝、あることがあって、私は、もしかしたら、今回は、言ってしまうかな?と思い切り正義感発動めいた気分で、義憤にかられ、そして一方では、胸ふさがってもいました。

ところが、ちょっとお洗濯ものを、今日は幾分大量目に(洗濯機の都合で。)手洗いしていました。

ふと洗面台の鏡の中の自分を見てみると、ほっぺは紅潮し、楽しそうに元気そうに、それこそ楽しんで手洗いしているのです。


ああ、これか。

普段の私の見え方は・・・。


と思ったのです。

常々、自分では深刻そうなのに、呑気だと言われてきました。


そうそう、○○年前の今日の今頃、私は、初めてのお産を控え、陣痛が始まったようで、体力勝負とばかりに、父と母の前で、すき焼きをつつき、父の車に母と一緒に載せてもらって、一路産院に向かいました。

もう2週間も予定日を過ぎていました。

当然お義母さんは心配で、私だけではなく、母にも訴えておられました。


分娩台に乗ってからも、体力が尽きてきたのを感じた私は、持って来たおにぎりを看護師さんに取ってきてもらって、分娩台の上で、食べました。自分でも何をしているのか・・・?という行動でした。

呆れられていたと思いますが、とりあえず、こぶたのような娘が生まれました。

髪の毛は真っ黒。もちろんデブデブしていて、まるでお腹を空かしたように口をもぐもぐしています。

生まれる前から、私がお腹が空くと、赤ちゃんもお腹が空いたように、お腹の中で、もぞもぞ動くのを感じていました。

それから後、産院でも、毎晩たくさんミルクを飲んで、毎日体重を増やして、

成績優秀で・・・。

と看護師さんに連れて来られました。

何が嬉しいのか、いつもうふふうふふと笑っていました。

おばあちゃんの顔を見ては、ウーウー、アーアーしゃべっていました。

それが赤ん坊なりの、感情が入っているかのような、口調?なのです。


あああ、人の苦労も知らないで、呑気な娘・・・。

と思っていました。


今の娘の年よりもずっと若くで、私はたった一人で北陸にやって来ました。

昨日も、生徒から、

大阪よりも北陸の方がいいというのは、どういう点ですか?

と大学進学とその後の就職についての参考意見として聞かれました。


よくも、単身で、やって来たなあ、と呆れています。

当時は何も知らなかったから、若かったから、やって来れた、とも言えますが、今なら経験があるから、とも言えるだろうと思います。


パリに長くいた兄と、海外での新しい環境への慣れ方について話していたとき、距離は違うものの、国内であっても、生まれ育った土地とは違うところに行ったときの慣れ方は、恐ろしいほどに似通っていました。

慣れ親しむ方法や家庭を知っている今なら、どこへ行っても、なんとかなるのではないか?とより楽天的な気もします。


とりあえず、大きくなった子どもたちにしてやれることは、大人になったことを最大限尊重し、自分が楽しくしあわせに暮らして、できるだけ心配かけずに、本人たちの生活をしっかり築いていくのを、どこにいても見守ることだと思っています。


だから、健康に気をつけようと、真に思い始めました。

どこかで自分の身体のことは後回しにしがちでしたけれど、ここ数年、栄養についても考えてきたし、今年はそれに加えて、体力づくりも考えて行こうと思っています。

大好きな仕事を続けるにしても、どうしたって健康であり、体力があってこそです。


それに、あれほど、周りに心配を掛けておきながら、生まれてきた娘の、ドーンとして、呑気なさまと言ったら・・・。

後天的には、転勤もありましたから、あれこれ心労もあったのでしょうけれど、基本的な性格は、おそらく赤ちゃんの時代に見えていたのが本質的なものなのだろうと思っています。


母親同様、きっと持ち前の呑気さで、これからの人生も乗り越えていくことでしょう。

とりあえず、楽しい思いをさせていただいてきた、母親になってからの思い出は思い出として、私は私なりの楽しさを追究していきたいと思います。とにかく心配かけないように、楽しくしあわせでいたいと思います。


Commentaires


Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic
bottom of page