誰からでも学ぶ気持ちの大切さ


時折、あれ?停滞しているな、という気持ちはありました。

それに、指導の途中で、


ああ、私は教わっているのではなくて、教え込もうとしているな、とふとした瞬間に思うことはありました。


ただ、今日、あることがきっかけで、私は、愕然とするほどに、学んでいない、と実感したのです。


勉強はしています。

教材も作っています。


でも、生徒さんから、あるいは保護者の方々から、学ぶ気持ちを失っていたような気がするのです。


新卒で勤めた学校では、生徒に頭を下げ、生徒から教えてもらう気持ちを失ってしまったら、そして、教え込もうなんて思ったら、もう、生徒は話を聞いてくれなくなり、指導できなくなる、と教わっていました。


その割に、生徒さんがたくさん通ってくれて、私の話も聴いてくれ、いわゆる指導も入っていて、感謝しているのですが、それでもどこかに、教師としての自分の停滞感がありました。


年齢を重ね、いわゆる指導力をつけたから、仕事が速くなって、幾分退屈しているのだろうか?などとも考えていました。

あまり、毎日に発見がなかったのです。

正直おもしろくないなあ、などと感じていました。


その原因を探っていたのですが、そうして、例年と、何も変わることなく仕事をしてはいたのですが、なんで?という思いは抜けませんでした。


それが、ある生徒さんの指導中、ふとひらめいたのです。

教えてもらう気がない自分に。


子育て時代も、子どもたちから、教わる姿勢を外さないように気をつけていました。

でも、教師です。

先生と言われているうちに、そして、新人ではなくなって、経験が多くなる分、ある意味、見えなくなっていたのだろうと思います。


明日から、また新たな気持ちで、始めて見たいと思います。

まっさらな気持ちで指導を。


大学受験指導も高校受験指導も真っただ中です。

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic