見えないものの大切さ・・・。


かつて、ほんの一瞬、ある企画を立ち上げるために、部長として、迎えられたことがあった。(笑)


自分でもおかしいのだけれど、理事長がいない時に、インターネット系列の業者さんが来られた。

初夏のことだったので、冷茶をお出しして、対応していた。


だいたいなんにでも興味津々の私。

その若い営業さんが、


インターネットは生きているので、櫻井さんみたいな人がいるところに入れたいんです。と言われた。


もちろん、営業トークということもできる。いや、大いにありという意見の方が多いだろう。


なんでここに来られたの?と訊いたら、


たまたまです・・・。

という返事。


むしろ業績よさそうだとか、素敵な教育だとか表現されたかった。

自分の勤めている会社だし・・・。(笑)


それから、私を見込んで?理事長追いかけること、結構熱心だった。

あの契約、成り立ったらしいけど、その後すぐにやめたので、どうなったかのかは定かではない。



数年後、私が開業したら、名前も変わったその会社の人が来てくれた。

縁を感じた私は、少し躊躇したが、直感的に、これは大切だな、と感じて、システムを導入した。


その後、本当によく働いてくださっていた。

途中、ほかの業者さんが、ここの仕事怪しいから・・・、と言って勝手に解約されそうになったこともあったけれど、私がおかしなことするとすぐに連絡してくれたし、本当にいい仕事をしてくださっていたと感謝している。


昨日から今日に掛けて、ああ、ネットは生きている、と実感させられた。

昨日、ちょっと落ち込んで、ある人に電話した。

その人はご自分の立場を越えて、私の気持ちを落ち着かせてくれた。


目に見えないものを大切にする人である。

私はその人と話して、ああ、目に見えないものを信じ切れていなかったのは、私の方かもしれない。と反省した。


教育は目に見えないものを(時に数字という形で見えるし、合格、なども見えると言えば言える。)対象にしている。

人間の心ははっきり見えない。

ある意味感じるものである。

でも、見えないものをしっかり感じることができていてこその教育だし、見えるものに振り回されたら、また、成就できないのも教育である。




Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic