若者の情熱


昨日、私を訪ねて来てくださった方がいらした。


直感で、今しかない!と思われたそうなのだけれど、その時、実は私は教室にはいないはずのときだったので、まるで神の差配のように、出会うことになったのだった。

ちょっとばかり体調を崩していたからこそ、その場にいたと言えば言える時間だった。


生徒とも楽しい時間を過ごされたのだけれど、その方とお話しているうちに、自分が教室を始めたときのときめきを思い出した。

毎日が新鮮で、もう、まるでどったんばったんいろんな人が来られて、いろんな人と話して、いろんな情報が入ってきて、本当に、大変だったけれど楽しい日々だった。


実はまだ六年前のことだった。

どれだけの生徒さんを迎え入れ、指導し、どれだけの生徒さんを送り出したことだろう・・・。


そして、教室運営のために、どれだけの人とかかわってきたことだろう・・・?

いろんな人のお世話になり、そうして、いろんな人と出会った。


人間って、こんな風に考え、こんな風に感じるんだな。


いつも文章の中で出会っている人の考え方や感情が、目の前で繰り広げられる日々だった。

そして、今、少しばかり若い人の手助けができるかもしれない、と思っている。

自分の経験をお伝えできるかもしれない。


しかも、自分とは違って、本当に、その道として教育の世界を歩いてきたのとは違った形で、もっと自由に教育と関り、もっとフレキシブルに子どもたちの力になろうとしている人と、新たな地平が見えてきそうである。


しかも、富山をこよなく愛してくれている、若者だし・・・。

おまけに本好き・・・。

期待している自分がいる。

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic