top of page

自信をつける方法ー数学において


自信をつけるには、逆説的だけれど、たくさん失敗した方がいい。


最近数学にハマっていて思うことは、何度も計算ミスをして、正解にはもう少し・・・、というところまでは行くのだけれど、なかなか正答まで行きつかない時、途中で投げ出したくもなるけれど、解けないまま放っておいたら気持ち悪いので、とにかく解く。その間、って言ってみれば失敗の連続で、それでもあきらめずに粘って粘って解く。


それで解けたら自信になる。

だから思う。

できないことに対する耐性というのは大事だ。

でも、頑張っているうちに、光が見えてきて、いつかは成功する。


そんな経験を、小さな経験を積み重ねさせてもらえる教科が数学のような気がする。

シンプルに目に見えて。

国語の記述式解答を作成するのだって、同じような過程だとは言うものの、これが正答です!と言われても、自分の解答がどういう点で合ってるのか、間違っているのかわかりにくい。

誰かの手を借りずに判断も難しい。

でも、数学なら数字が合うか合わないか?という点で、非常に成果がわかりやすい教科だと思う。

小さいときから数字には慣れさせてあげたいし、間違えても進める根気強さを培っておけたら、一生モノの財産になると思う。

Comments


Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic
bottom of page