決断しなければならないとき


こんな仕事をしていると、ときに辛い決断をしなければならなくなるときがある。

昔高校教諭のころ、一番苦手だったのは、処分会議だった。


私は若手中の若手。

せいぜい書記として末席に座っている、というような立場だったけれど、上層部ご臨席の会議で、ずいぶんと辛いところにも立ち会った。

きれいごとでは済まされない教育の側面。


何より、1人を守るために、ほかのみんなに影響が出てはいけないのである。


私など、1人の生徒さんのしんどさに付き合いすぎて、何度か叱られた。

1人に一生懸命になっている間に、その周りが抜けているはずだよね!と。


もちろん、社会は平等じゃない。

どこかで補完しなければ生きていくのが大変であったり、また、人生を切り開いていくのに大変なこともあるだろう。

でも、そこを負い切れるほど、自分に力があると思うのは、自分を過信しすぎていることにもなるだろう。


私は傲慢な面がある。

こと、教育に対しては、なんとかできる自分に掛けてしまうところがある。

人間関係に対しては、変に耐性のあるところもある。

いつの間にか無理していたということもある。

よく、「よくやってるよねー。えらいと思ってたんだよー。」などと子育て時代の習い事などでも言われていたらしく、結構、自分では気づかずに、無用な負荷を自分に課していたこともある。


そこを見極められないなんて、教師失格じゃん!

と昔の先輩方のお言葉を思い出しているのである。


先日から、ああ、傲慢だよなあ・・・、と思ってきた。

努力で何とでもできる、だなんて。

身の程思い知れ!


Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic