本当にすみません―馬鹿な私・・・。


さっき、生徒に対しての、勉強に対する姿勢についての指導について、ちょっとばかり悩んでいたら、いつもは私に手を掛けられているKくんが、慰めてくれた。


私は、とっても母親的に寄り添って・・・、という部分と、めちゃくちゃ予備校講師的に、受験指導をバシバシ!という面とがある。

理想を言えば、精神的に寄り添って、割と下学年のうちから一生懸命育てて、大学受験で精一杯厳しくも指導する、というのが理想ではあるけれど、この時期、ちょっと予備校講師的な自分が勝つからか、先走ってしまうときがある。

いつも11月頃に生徒をバシッと締める。

けど、今年は、コロナの影響で、学校の休校期間に結構受験指導が進んだので、ちょっと早めに締めてしまったようで・・・、と悩んでいたら、Kくんが、あれこれと世の中の動きを教えてくれた。


私は何にもわかってなかった。

生徒さんたちをめぐる世の中の動き。

そして、そこから生徒さんを取り巻く状況の変化。

大変な中で受験勉強していたんだな、とつくづく思い知った。


私の悪い癖だなあ。

一つのことに必死になってしまって・・・。

いつも生徒さんの気持ちに寄り添っているつもりだったのに・・・。


本当に申し訳なくなった。


ありがとう。Kくん。

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic