top of page

大学受験共通テスト対策



週に4日共通テスト対策授業をしている。

数学、英語、物理、そして国語。

一緒に演習をしながら、それぞれの科目について私なりの分析が深まったと思う。

国語が今までのようにはいかない。

なぜか調子が狂う。


これ、読解力を試しているというよりも、むしろ情報を抜き出すような問題だなあ・・・。

と思うに至った。

逆に言えば、速く情報を追いかけることができたなら、点数が取れる。

そのためか、先日の模試では、マーク式国語で、現代文は8割取れた、という生徒がいた。

彼はそもそも読解力でどうのこうのというタイプではない。

きっと受験テクニック的に解き方がわかってきたのだろうと思う。


一方、文転した数学大好き、でも文学大好きな生徒は、いつも解くのが早いのは早いけれど、あまり得点には結びつかなくて、もう少しじっくり読むことを勧めていたが、最近になって、彼が言った言葉がある。


じっくり読めば、英語にしても国語にしてもわかるんだなあ・・・、と思いました!


それやそれ。私が一番言いたかったことは!

Kommentare


Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic
bottom of page