top of page

大学受験における人生の精算


以前勤めていた学校の先輩に教えてもらった。

一度目は大学受験で、二度目は結婚するときに、それまでの人生の大きな精算をするのだ、と。

とりあえず、合否だけが結果ではないにせよ、何で合格したのか?そうでないのか?という点において、不思議な結果があるときは、何らかの力が働いているように思われる。


やはり正直が一番いい。

対価は支払うべき時に払っておく方がいい。得したかに思えても、なかなか得などできるものではない。

人に何もせずに利益だけを得ようとしてもそうは問屋が卸さない。

人にした分しか返ってこない。

時間も人のために使った分しか自分のところに返ってこない。

人のためにしなければならないことは、サッサとしておいた方がいい。

たとえば社会のためになること、あるいは母校でのお祝い事など。


なぜか正直者が得をするように思えてならない。

地味だった先輩で、いつも謙虚で、周りに嫌な思いをさせない人はなんで?というほどいい大学に入られた。

後輩で、いつも生意気なことばかりを言って、人の弱点をつつくようなことばかり言っていた人は、なんでまたそこには行ったの?という結果になった。


だから、私は人が良くないことをしても、私の近くに寄ってさえくれなければ、勝手にどうぞ、と思っている。

どの道、その人が自分に振り替えるようなことをしているのに、わざわざ絡んでいって、あなたは間違ってますよ、とまでは言う気もない。勝手に自分の行いの償いをすればいい。

ただ、私のそばに来て、人の仕事なり、生活なりに影響が出るようなことをしたら、厳しく言う。

きちんと○○をしてください。でないとお付き合いできません、と。

Comentarios


Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic
bottom of page