切り替えが早くなる方法として


今日の数学の時間に、凡ミスを見つけたので、みんなに話した。


ケアレスミスをなくす方法。


それは、言われたら、すぐに動くということ。

私が、ある問題を解いている途中で、あ、これは、全員に伝えておくべき問題だなあ、と思ったので、みんなの注意をこちらに向けた。

ある男子が、そのまま自分が取り組んでいた問題に向かっていたので、ちょうどいい機会だった。


切り替えの速さ、数学の正確さ、仕事の速さ、正確さなどすべてに通じる、かつて教えていただいたこと。

すぐにする、ということ。

気持ちを、すぐにそちらに向けるということ。

今解いている問題に集中したい気持ちはわかる。

でも、ひらめきが大事な数学において、切り替えは重要である。

何か用事があったらすぐにしてきて、また机に戻った方が、集中力も増す。

すぐに戻ってすぐにそれに集中する方が能率がいい。

よくコンピューターに喩えられる。

新しい情報をすぐに取り込んで、それでどんどんバージョンアップしていくようなものだ。


ちょっと待って!を言わないようにすることの大切さ。

時代錯誤だと思われるかもしれないし、状況によっては、また変わるのではあるけれど、とりあえず、教えてもらっている人から、あるいは目上から、○○しなさい、という指示があったら(これは私が指しているのは、学校の先生であるとか親御さんについてなのだけれど。)、即行動に動くようにするだけで、凡ミスもなくすし、勉強の効率も良くなる。


それから、ある有名な進学校の先生方もおっしゃっていたことだけれど、お手伝いをする子は伸びる。

これも賛成である。


親御さんから何か頼まれたら、すぐにするのよ・・・。

その言葉に腹立てたら、その晩一晩、あるいは次の日一日中、腹が立つでしょ?

すぐにしたら10分で済むところが、その何倍も時間が掛かるのよ。

それから、雑用ができる人は、仕事ができるし、仕事も速いし、効率いいのよ。


と話した。


授業が終わって、

ある生徒に、

そこにあるお盆、取って!


と言ってみた。

普段、何事もすぐにはしない生徒が、さっと即座に動いて、渡してくれた。

ああ、指導が入った。思いが伝わった、と思った。






Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic