傲慢さとの闘い


私は、自分の力で、というか、自分の努力でなんとかしよう!と、ついつい頑張ってしまうところがある。


今日、この考え方、受験においては、よくないなあ、と思うことがあった。

表現の仕方の問題かもしれない。

でも、なんだかニュアンス的に表現だけの問題ではないような気がした。


若い頃、私はわりと言いやすいのか、注意されることが多かった。

それは、本当に言いにくいことを言ってくれている場合もあれば、相手の感情論の場合もあったのだろうと思う。


ただ、あまり人の言うことを、変に曲解しない性質だから、まともに受けて、変な努力の仕方をしていた。

だから、おのずと、努力もし、いつの間にかできるようになったことも多い。


これは言っておかなければ、と思った途端、胸が締めつけられるように痛くなった。でも、言わなくちゃ、と思うと、また、すごく痛くなった。


たぶん、ほかの人間関係なら、構わない、か、嫌なら離れる。

いちいち指摘するほどの親切さなど持ち合わせていない、と言うより、立ち入るつもりがない。

しかし、受験をお預かりする生徒さん。

話した。

でも、後悔した。

そこまで、親身になる必要、あるのだろうか?

その姿勢で、結果が変わるなら、それも致し方ないのかもしれない。

教師人生の中で、初めてそう思った。

真剣に初めて。


その一瞬、私がそのことに関わり過ぎて、労力を使って、ほかの指導に差し障りが出てはいけない。

冷たくなるつもりは、サラサラない。

ただ、人と人との境界線、という意味では、そんな話、しなくてもよかったなあ、などと考えているのである。

そこをなんとかしようというのは傲慢なのかもしれないなあ、と。


真剣に人材育成してきたし、しているつもりでもあるのだけれど。


小巻あやさんのお話を読んで、そんなことを考えていた。

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic