何をしてもダメなんだな・・・、と思ったこと。


別に指導に限らず、何をしても、通じない人には通じないのだと思う。


労力を払っても、時間を掛けても、場所を提供しても、ときにお金かもしれないけれど、それなりに一生懸命尽くしても、通じない人はそれはそれでいるんだなあ・・・、と思う。


先日から、受験生たちは、それぞれに受験に赴き、ご本人たちも親御さんも、それぞれに一生懸命で、その姿を拝見していると、こちらも手を抜けない、と思わされる。

でも、ときに、ちょっとした表現が、あまりにも意欲につながらなくなる時がある。

そのことのために、してきたことなど何も存在しないかのような、権利というような言葉が出てきたら、ああ、もう、人間関係ではないな、と思う。


権利という言葉って、何も通じなくなった相手に使う言葉である。

心の通じなくなったときに、出てくるような。

法律もそうだ。

もう、自分たちで話し合ってもダメ、というときに登場する。


そういう意味ではないとしても、そんな深い意味ではないとしても、ちょっとしたショックというものはあるものだ。

教師とは言え、人間だからね!



Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic