体力について


先程から生徒と、体力の話になっていて、私は体力があるらしく、かなり驚異的ならしい。

完徹を何日しても大丈夫だし、夜中に車を走らせることも、びっくりしているらしい。


私も中学、高校時代は、もっと体力がほしかった。

周りが体力があるように思えて、羨ましくてならなかった。

そんな私がいつの間にか体力をつけていたのは、やはりそれだって、どこかで体力をつけたい、と思い続けてきたからである。少しずつでも体力をつけたい、と思い、それを実現するために努力してきたのだろうと思う。

体力には、精神的な力が伴っている。思い方が体力に影響する。

私の場合、少しばかりの精神的にしんどいことも、思い方を変えることで、大したことなく、また、自分を鍛えることとしてとらえるようにしている。

だから、あまり思い悩んでいる時間が少ない。

思い悩むくらいなら、行動したいのである。

行動するのだから、当然に体力がついても来るだろう。


行動するのはいい。体力も着くし、何だったらさっさと失敗して、次に行けばいい。

絶対に良くないのは、何もしないで、失敗もしないで、何の成果もないことである。

何かをすれば学びがある。

人生には失敗などない。成功か学びしかないのだから。


かくして、超・ド・ポジティブな私が出来上がる。

そして、呑気だという言葉も出てくるのである。


自分では神経質だと思い、繊細だと思い、自分の感性にいら立つこともあるのに、十分に度胸もあり、図太くもなくもなく、そして、呑気で、落ち着いている、と言われるに至るのである。


もう、勝手に言うといて!

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic