今から楽しみな「哲学カフェ」ーカント『啓蒙について』


今日は「哲学カフェ」の日。

ひと月に一回のお楽しみ。

とはいえ、毎年、講習時期や受験期にはしばらくお休みする。

11月の回もお休みになるだろうと思っていたけれど、あまりに関心のあるテーマなので、なんとか時間をやりくりして出席させていただくことにした。


カントの『啓蒙について』を土台に、「人間は賢くなれるのか」というテーマである。

実は、『啓蒙について』は、初めて読んだ。

でも、ここにすべてがあった。


勇気、というのは、私の仕事人生において、もっともよく言われた言葉である。

最重要ワードかもしれない。

どういう場面で、どういう文脈での表現かは詳細には言えないにしても、とりあえず、蛮勇とも言える勇気を出して、そうした言動を、自分の良くない一面としてとらえなければいけなかったのかなあ・・・?と100%のうち、5%くらいは思っていて、どうしてもそうせざるを得なかったし、それをしなかったら、一生後悔したであろうこともわかっている。

それでも、私的な自分のことを考えると、やはり言わなければ、しなければよかった、と思うこともある。


経営者になったから・・・、と参加したセミナーで、長年、疑問に思っていたある企業についての質問をして、

「厳しいことを言っていただけるお客様こそ大事で・・・。」と嘘か本当か、言ってもらったけど、

仲良くなった女性の社長さんにも、

「あなた、勇気があるのよ!」と言われた。

ほとんど勇気だけで生きてきたような気もする。

たいていは受け止められ、受け入れられてはきた。

それでも、何かに穏便に、現状維持をこそ良しとする場には合わなかったと思う。

だから、自分でやっていくのが一番いのだということもわかっている。


恋愛面では逃げてきたこと多数ある。

関係性をはっきりしなかったことも正直ある。

男女の友情を信じて、仕事や勉強で助けてもらったこともある。

しかるべき立ち位置にいようと努力したことも。

そういうことって、いちいちしっかり決めると、逆にギクシャクすることもあるとでも思っていたのだろう。

言葉に出して表明することだけが品性というものでもないだろう。

第一、関係性は続くけど、そういうのとは違う、ということだってあるし。


でも、それ以外の場面で、逃げてきたことなどほとんどない。

仕事は、何かにはっきりすることを求められる。

たくさんの人数で動くときには、明確にしなければならないことがたくさんあるし、そうしなければ進まないことも多い。


剛毅と勇気の違いを、カントは明確にしていた。

私は、剛毅という言葉が大好きだし、ボッティチェリの作品である「剛毅」という作品は大好きである。

剛毅を性質、勇気を徳としてカントは捉えている。

教育ともつながる勇気という言葉。


こんなときに、こんな形でつながるとは正直思っていなかった。

それでいい・・・、と言われているような、作品との出会いであった。




Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic