ニーバーの祈り


一応経営者であるので・・・。

まあ、人との関係で全く悩んだことがないと言えば嘘になる。


ただ、教師としての悩みの方が、経験的には多かった。



明日、話し合いをする。


それで思い出した。


ニーバーの祈り。


私はクリスチャンではない。

けど、自己啓発書であるとか、最近よく勉強されているアドラー心理学の中にも出てくるニーバーの祈りの、その意味くらいは覚えている。


自分にできることとそうでないことをしっかり見極めて、できると見極めたことをしっかりやる力をください、というような意味だと理解している。


私はときに、教育で、自分ができないことに無力感を感じる。

では、相手が大人で、仮に、そんなことしていたら、絶対ご本人のためにならない、と思われるときにはどうすればいいのだろうか?


他人だから放っておく?


たぶん、私は、これはこの人のためにならない、と思ったら、切ることもするだろうし、言うべきことも言うだろう。

考えてみたら、あれこれあったけど、でも、どれ一つとっても、その相手を思わずにした言動はなかった。


さあ、しっかり眠ろう。

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic