ツンデレほど信頼関係を築くことができれば早いかもしれない話。


なかなか心を開いてくれない男子が(男子が、というのは、女子はもう少し簡単だから。)

一度心を開いてくれたら、成績の伸びはめっぽう速い気がする。


それまでの壁があった分、この人はいける・・・、となって、ある意味気持ちをオープンにしてくれれば、つまり、信用してくれれば、結構こちらの言うことが入る。


姿勢が変われば当然勉強内容の頭への入り方も変わってくる。


昨日、私がちょっと席を外した時間があり、一瞬だったのだけれど、帰ってみると、後ろで自習していた生徒と、指導を受けていた生徒の雰囲気が違った。

なんだか明るい雰囲気である。


何よ。私の悪口でも言ってたの?

と訊くと、

いや、頑張ってますね!と言ってたんですよ・・・。

などとツンデレ系男子生徒が言っている。


最近、なんだか、先生、先生、と質問も増えてきたし、昨日などは、僕ばかり、そんな風に言われても・・・、などと拗ねたご様子・・・。

それを、先輩に話してみると、あの彼が、そんな風に感情を出すようになったのがスゴイ!

と言ってくれた。


ふふふ、これからよ!

これから思い切り伸ばしてもらうわよ!


と目論んでいる私。


まあ、まだまだ若いので、そんな方向に、自身では頭が回らないだろうけれど、思考と感情では当然感情が勝つので(思考で感情を抑えるのには、限界がある。ある程度まではうまく行く場合もある。)、そこは感情をスッキリさせておいた方が勉強の効率はいい。そこを乗り越えると、本当に早い。


Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic