チェリー・ブロッサムの第三教室(自習室)の模様替え


昨日、授業が終わった後で(いつもより30分早く終わった。)、何やら二階でガタガタ音がする。

掃除機をかける音まで聞こえてくる。


「ちょっと、どんな時間だと思ってるのよー!?」


と叱っても、掃除機こそ音はしなくなったが、それからも何やらゴトゴト音がしている。

しばらくして、何が起こっているのかガわかった。


なんと!彼らは自習室の模様替えをしていたのである。


エッ!?

私の許可なく・・・?

一応、そこは私の許可がいるでしょう・・・?

一応、代表なんだからさあ・・・。


と思っていたら、中三生が下りてきた。


ちょっとばかりドヤ顔で・・・。

みずがめ座A型男子二人・・・。


きっと、褒めてもらえるとでも思ったのだろうな・・・。(笑)


でも、そこはしっかり言っておかなければいけない。


あなたたち、自習室の模様替えしたんだって?

それはだめなんじゃないの?

一応代表の私の許可がいるんじゃない?

一言、模様替えをしてもいいですか?と訊かなくちゃいけないんじゃない?


あれっ!?

どうしたらいいん?


心の中の言葉が顔に書いてある。


しばらくして、


「模様替えしてもよろしいですか?」


無言の私・・・。


「模様替えしてもよろしいですか・・・?」


二人は、「どうする・・・?」と話し合っている。



いったい、どうしたら、こういうことをして許される、という発想になるのだろう・・・?


いくら私のことを母親敵だと思っているにしても、まるで自分の家のように、こんなにきれいに思い通りに模様替えをするなんて!?


さぞかししっかり勉強してくれることになるのだろう・・・?


Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic