ゴルフと私


働いていた学園で、2学期に入ってすぐの定期考査ーつまりは中間考査の学校が終わるのが早めのときに、ゴルフに誘われた。

パブリックコースを回るというもので、よくも運動苦手の私も入れてくださったものだと感心するけれど、初めて入るゴルフ場は、気持ちよく、途中でアヒルを見つけて、可愛いー!とそっちに気を取られる始末で、およそゴルフにのめるということはなかったが、それはそれなりに楽しくはあった。


時は経って、それ以上ゴルフをしようという気はさらさらなく、今度はゴルフの準備をする立場となった。

この準備を習得するのには苦労した。

ゴルフに行って、必要なものをきちんと想像して、それを完璧にそろえなければならない。

なんでも、よそのお家はご自分で用意されるお家もあると聞く。


ある日、結構怒られた。

水筒を用意していなくて、ほかのお家は大きな水筒をもっていかれたのだそうだ。

だって、お義父さんだって、水稲は持って行かれているのを見たことがなかったし、自分がゴルフをしたときも、みんな水筒など持っていなかった。

だって、売店あるでしょ?

と返してしまった。

不意に怒られた理由は何だったのだろう?

今書いてきて思い出した。


言ってもらえなければわからないこともある。

それから私は、そののち息子の野球用になる大きなボトルを買って来て、お茶を用意するようになった。

それにしても、なぜ私は気づかなかったのだろう。


そういうことの連続だった。

ほかの方々は同じ業種での結婚が多かったし、私は知らないことだらけだった。

一つ一つ学んだ。

その学びが今も楽しいものとして残っていることはたくさんある。


今日、電話で友達と話していた。

もうすぐクリスマスだから、今年はちょっと大人のツリーを買ったのよ!

と言ったら、子どもたちも大きくなって、そうそう喜ばないし、別に出さなくてもいいかな・・・、っていう感じ。

一応出すけどねー、とのことだった。

札幌のクリスマスは美しかった。

わざわざ窓辺にクリスマスツリーを飾って、外からも見えるようにライトを着けておられるお家もあった。

たくさんの雪とのコントラストが素敵だった。

チキンを選ばなければならないな。

ケーキも焼かなくちゃ!

マリネも漬け込んで。


先輩のお家にお呼ばれした時のことも覚えている。

学園の教職者があったから、先輩のお家でご馳走していただくときは、奥様がそれこそフルコース状態でお料理を出してくださった。

ああ、こういうことしなければなないんだなあ・・・、とぼんやり思っていた。

仕事にのめっていて、忙しかった頃。

あるお家に、くまのプーさんのぬいぐるみを一揃え揃えておられるお家があった。お嬢さんのために。

可愛いお嬢さんだった。

英語ができるお父様がくまのプーさんのセットを買ってやらにゃダメだ!と主張されたらしい。


それを後年、真似した、国語の教師が一人・・・。

娘が生まれた。

娘もくまのプーさんが大好き。そののち家の中のプーさんのぬいぐるみは、相当な数になった。

プーさんだけは何匹いても足りないらしい。

それで私は、くまのプーさんセットを探し出した。

実家の両親も総出で、くまのプーさんの仲間たちを探したら、一応あった。

先輩のところのようなコンパクトなものではなくて、それでも、相談して揃えてやることになっていたので、父が調べてくれたのを頼りに、デパートに行き、これ全部揃えられるのは、初めてですね・・・、と半ば呆れられながら、でも買ってきた。

娘は、私の自転車に一緒に乗ってお買い物に出かけるときも、必ず誰かを連れて行った。

プーさんのときもあったけど、持ちやすかったから、ピグレットの時が多かった。

イーヨーもお気に入り。テイガーだって好きだった。

総勢集めると、結構スペースを取ってしまっていた。

でも、好きなのを選んで持って歩いていた。


こういうところは先輩の真似するけど、ゴルフは無理だった。(笑)

用意に徹していた。


用意が完璧に日は褒められた。

どこか抜けがあると思い切り怒られた。(笑)

私らしいな・・・。(笑)


Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic